国内男子ツアー、来年から出場優先順位の見直しへ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

国内男子ツアー、来年から出場優先順位の見直しへ

2017年12月05日19時55分

ファイナルQT落選の星野英正 来季はチャレンジから再起を図る

 

ファイナルQT落選の星野英正 来季はチャレンジから再起を図る(撮影:鈴木祥)

国内男子ツアー出場資格は、合計24カテゴリー。その24カテゴリーには優先順位がつけられ、一番目は「賞金ランク1位の者(翌年から5年間)」。5番目の「前年度賞金ランク60位までの者」、いわゆる“第1シード”や、11番目の「前年度チャレンジツアー賞金ランク1位の者」、19番目に「前年度賞金ランク60位の次点15位の者」、いわゆる“第2シード”があるが、来年の出場資格から、これまでの22〜24のカテゴリーが「統合」される。

【関連】賞金王を讃える石川遼「さすがだなと」

今年までは、

22、「前年度QTランク35位までの者、第1回リランキングまでのツアートーナメントに係わる出場資格とする」
23、「前年度賞金ランキングの上位100位(上記5と19を除く)の者」
24、「前年度QTランク上位者(原則としてQTランク36位から96位までの者)」

と細分化されていたが、来年からは23が廃止。22と24が統合され、今日まで行われていたファイナルQT(最終予選会)6日間のうち、決勝ラウンドに進んだ者が22番目の有資格者になる。「実質賞金ランキング100位までのカテゴリーで出場する選手がほとんどいなかったので、これを廃止しました」とJGTO広報。

これによって何が変わったのか。今回3位に入った木下稜介は昨年のファイナルQTで34位。これまでは、「35位以内」というカテゴリーがあったため、6日間、同スコアで並んだ選手が35位にかかる場合、プレーオフを行い、順位を決めていた。木下も6ホールのプレーオフを戦い、カテゴリー22を勝ち取ったが、今回からその制度がなくなり、単純に順位付けをすればよくなったわけだ(5日目、6日目の合計スコアが少ない者が上位)。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」速報
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」速報
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手の速報はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー速報
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!