海外志向プレーヤーが賞金ランク上位に!競技運営ディレクターが語る賞金王レース | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

海外志向プレーヤーが賞金ランク上位に!競技運営ディレクターが語る賞金王レース

2017年11月28日19時37分

小平智(右)、宮里優作が決戦に身を投じる

 

小平智(右)、宮里優作が決戦に身を投じる(撮影:岩本芳弘)

ついに今週の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で終幕を迎える賞金王レース。現在賞金ランクトップに君臨するのは、総額1億6000万円の小平智。約1718万円差の2位に迫るのは宮里優作、続く3位にチャン・キム(米国)、4位に池田勇太となっている。

【関連】小平と美保夫人のアツアツぶり

2013年以来、5人が1億円超え、首位から4位までの差が約3500万円と例年にない接戦の賞金王レース。

トップの小平から4位の池田勇太まで玉座に就く可能性が残されており、最終戦まで目が離せない展開の賞金王争いを、競技運営ディレクターの小山和顕氏はどう見ているのか。大会を裏で支える日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)の目線から語ってもらった。

「今年の賞金王レースはなかなか面白い展開になっていますが、それはあくまでも結果論。選手、そしてわれわれJGTOが一体となって作り上げた舞台において、一つひとつの大会がきちんと盛り上がり、その中で一番良いスコアで上がった人から、良いチャンピオンを生むのが本筋だと考えています」

まずはツアーへの思いを前置きした小山氏。特に、大きな理念として

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!