鈴木愛は米初優勝ならず… 賞金ランク首位浮上も悔しさにじむ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

TOTOジャパンクラシック

  • 期間:2017年11月03日-11月05日、
  • 場所:太平洋クラブ 美野里コース(茨城県)

鈴木愛は米初優勝ならず… 賞金ランク首位浮上も悔しさにじむ

2017年11月05日18時01分

鈴木愛、米ツアー初Vに2打及ばず… 悔しい敗戦となった

鈴木愛、米ツアー初Vに2打及ばず… 悔しい敗戦となった(撮影:米山聡明)

TOTOジャパンクラシック 最終日◇5日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>

優勝者には来年の米ツアー出場権が与えられる大一番。日本で行われた唯一の米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」。2打差の2位から逆転優勝を狙った鈴木愛は6バーディ・2ボギーの“68”とスコアを4つ伸ばしたものの、栄冠にはわずか2打届かず。悔しい2位フィニッシュとなった。

【関連】日米美女競演に決着!最終日を特選LIVEフォトで振り返る

日本総大将は最後まで昨年覇者に食らいついた。「3日間ともすごく良かった」というショットを武器に攻め続け、10番で残り188ヤードから1mにつけて後半1つ目のバーディ。首位のフォン・シャンシャン(中国)に1打差まで迫る。

その後、お互いに2つずつバーディを奪って迎えた17番パー5。似たようなところからのアプローチで6m残したシャンシャンに対し、鈴木は奥1mにピタリ。「もしかしたら追いつくかも」と鈴木が感じた以上に、応援を送るギャラリーの多くも「これで首位に並んだだろう」と安堵のため息をもらした。

だが、そんなファンの想いとは裏腹に、シャンシャンはこのロングパットを沈めてバーディを奪取。「最後まであきらめずに頑張りましたが…今日は彼女にツキがありましたね」という脱帽の1打だった。グリーンを外した18番ではチップインバーディを狙うなど、最後まで攻めたが叶わず。18番をボギーとして、結局2打差で敗れ去った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!