石川遼は2発のOBで出遅れ 4戦連続予選落ちの危機に | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

  • 期間:2017年11月02日-11月05日、
  • 場所:PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)

石川遼は2発のOBで出遅れ 4戦連続予選落ちの危機に

2017年11月02日19時17分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 中島徹 -5
2 星野英正 -4
  M・グリフィン -4
  宋永漢 -4
  武藤俊憲 -4
  C・キム -4
7 朴相賢 -3
  池田勇太 -3
  藤田寛之 -3
10 S・ハン -2

順位の続きを見る

石川遼、“76”と大きく出遅れた

石川遼、“76”と大きく出遅れた(撮影:村上航)

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日◇2日◇PGMゴルフリゾート沖縄(7,005ヤード・パー71)>

スタートダッシュは決めれず、苦しい初日になってしまった。国内ツアー復帰4戦目の石川遼は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“76”でラウンド。5オーバー87位タイと大きく出遅れた。

【スイング連続】あの頃の自分は… 石川遼が10年を振り返る

スコアを崩した要因は、不振が続いているティショットだった。12番で左OBとしダブルボギー、15番では右OBでトリプルボギー。2発のOBでスコアを崩してしまい、4戦連続での予選落ちの危機に瀕してしまった。

「振れてないホールで曲がってしまっている。振れているところは曲がりがでない」とこの日のショットを振り返った石川。12番では下半身が止まってしまい左へ、15番では「体とクラブのタイミングが合わずに」振り遅れてしまい右に出てしまった。「タイミングに関しては数をこなすしかない」。1打でも多く良いショットを打ち、それを徐々に体へ覚えこませることを目指している。

終盤の17、18番では「打った瞬間にフェアウェイに行った」と思えるショットを打つことができた。「将来的に300ヤードをまっすぐ飛ばさなければ意味がない」。今は試合中でも修練を重ねる時期。ホールアウト後は練習場でクラブを2本持っての素振りや、ティアップしたボールをアイアンで片手打ちするなど試行錯誤を続けている。暗中模索の状態だが、自分を信じて進むしかない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!