石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る

2017年10月31日19時53分

石川遼を苦しめる“病”とは?田中秀道が分析する

 

石川遼を苦しめる“病”とは?田中秀道が分析する(撮影:村上航)

10月12日から開催された国内メジャー「日本オープン」から3試合連続で予選落ちを喫している石川遼。特にドライバーショットが安定せず、結果が出せない状態が続いている。石川のスイングが一体どのような状況なのか、国内ツアー10勝、石川と同じく米ツアーにも挑戦した経験がある田中秀道に語ってもらった。

【スイング連続】石川遼の苦悩… 自分のベストスイングはいつだった?

日本オープンと「マイナビABCチャンピオンシップ」で石川のスイングを見たという田中。感じたことはドライバーショットで「ダウンスイングで腰が直線的に動いているように見えました。クラブがダウンスイングで降りてくると同時に、腰が少し横にスライドしてしまうので、インパクトが間に合わずに右に出ているように感じました」。

また、「ダウンスイングからインパクトまでのイメージが強すぎると思います。こう降ろしてきて、こう当てなきゃと、そこに意識を置きすぎている感じですね。打つ前にいろいろな動きをして、実際にその動きをしていますが、打つときはスピードが出る。いくら動きのイメージをしても、打つ時にはスピードが出るので、上半身と下半身のバランスやタイミングが機能しないと球は曲がってしまいます」。“打つ前”から過度にイメージを置きすぎているのも、スイングが改善しない一因だと田中は考えている。

田中自身にも経験があるというが、米ツアーに行くと知らず知らずのうちに“振ってしまう”ようになるという。「毎日何十ヤードも置いていかれることもあるでしょう。そういう選手たちの横でやっていくうちに、知らないうちにヘッドスピードを上げてしまう。そこまで振ってもしょうがない、距離ではかなうわけないのにと思っていても、気づけば振りちぎってる自分がいるんですよ。米国だと。そうなると自分のスピードコントロールがどういう状況だか分からなくなってくる。今の石川選手はそういう状況だと思うんですよ。頭の中では把握しているつもり。でも、それ以上に自分の体がいこうとしてしまう。それを止められない自分がいるんです」。田中はこれを“PGA病”と呼んでいる。頭と体に無意識のズレが生じ、自分のスイングスピードのコントロールを失ってしまう。それもスイングを乱す大きな要因だという。

だが、その“病”に気がつき克服できれば、石川の力ならば修正は難しくないと田中は考えている。なぜなら田中は石川の高い技術を評価しているからだ。「リカバリーショットを打つとき、“ここに打ち出さなきゃいけない”というイメージを作ります。枝に当てないように、とか。その目標に向かうとき、石川選手はイメージすればそこに打っていける技術を、コースでは随所に見せているのです。彼の頭の中は自分のスイングのことでいっぱいでしょうが、目標を強く意識することで、ナチュラルな身体の回転だったり、自然なクラブの動きを取り戻すことができるようになるでしょう。そして、頭の中にコースの映像が出てくるようになれば、いきなり今週優勝ということになってもボクは驚きません」。意識を自分ではなく、いかに目標に向けるか。そこが石川の復調のカギになるという。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!