490Y越えパー4が4つ!?日本一決定戦、今年の舞台はパワーが重要! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権

  • 期間:2017年10月12日-10月15日、
  • 場所:岐阜関カントリー倶楽部 東コース(岐阜県)

490Y越えパー4が4つ!?日本一決定戦、今年の舞台はパワーが重要!

2017年10月11日20時08分

18番ホール 全体的にフェアウェイは広く設定されている(撮影:小路友博)

日本オープンゴルフ選手権 事前情報◇11日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70)>

日本一のゴルファーを決める大舞台「日本オープン」。今年のセッティングはどのように仕上がっているのだろうか。これまでの日本オープンといえば、フェアウェイが狭く、その横にはニラのように伸ばしたラフがあり、入れたら横に出すだけ。そしてイーブンパーで優勝を競う展開だった。しかし、ここ5年ほど、セッティングの仕方も変化してきている。

埼玉が熱狂の渦に!石川、松山、スコットの豪華共演フォトギャラリー

管真知コースセッティングディレクターは次のように語る。「ドライバーを打ってラフに入れてスコアが決まるようでは見ていて面白くない。フェアウェイを広くして、ドライバーを持って攻めるゴルフの方が面白い。ラフに入れたらそれなりのペナルティを受けて、いいショットを打ったらしっかりフェアウェイに止まり、フェアウェイから打てばチャンスにつけられるセッティング。力のある人が上にくるフェアがコンセプトです。10アンダーぐらいいってもらえたら」と。

かつての日本オープンのフェアウェイ幅は10〜15ヤードほどだったが、現在は最低25ヤードの幅を取るようにして、距離のあるホールはさらに広さを持たせている。そして、ラフの長さは100ミリから120ミリで、ニラのようではなく、見た目には打てそうな長さだ。

「ラフが長いだけだと芝が寝てしまい、打ちやすくなります。これぐらいの長さだと、芝が立っているので、ボールがすっぽりと埋まります。無理して狙えば打てますが、芝を伸ばしてから先を切っているので、強い茎の部分が残っている。抵抗が強いところもミソです」(管ディレクター)。打てそうでも狙いどおり打てないラフが、フェアウェイを外したときの“ペナルティ”となる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!