P・マークセンに続く刺客は台湾の「PGA会長」、盧建順が2位タイ発進! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

P・マークセンに続く刺客は台湾の「PGA会長」、盧建順が2位タイ発進!

2017年10月05日19時56分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 久保勝美 -6
2 米山剛 -4
  盧建順 -4
4 P・マークセン -3
5 加瀬秀樹 -2
  F・ミノザ -2
  湯原信光 -2
  植田浩史 -2
  山本善隆 -2
  清水洋一 -2

順位の続きを見る

”68”をマークし、2位タイにつけた盧建順(提供:大会事務局)

”68”をマークし、2位タイにつけた盧建順(提供:大会事務局)

<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 初日◇5日◇サミットゴルフクラブ(6,984ヤード・パー72)>

国内シニアメジャー「日本プロゴルフシニア」が開幕。昨年は20アンダー(タイ)をマークしたプラヤド・マークセン(タイ)優勝をさらわれただけに、日本人勢の巻き返しを期待したい今年の大会だが、4位タイ発進を飾ったマークセンに加え、思わぬ刺客が現れた。5バーディ・1ボギーの”68”をマークし、4アンダー・2位タイにつけた盧建順(台湾)だ。

勝率5割を超えた“シニアの絶対王者”マークセンのスイング写真

今大会が初出場の盧だが、「初めて回るコースなので、気にせず思いっきりプレーできている」とリラックスした様子。オールドファンには懐かしい選手で、1985年「ダンロップオープン」で国内男子ツアーに参戦し、それ以降、毎年出場していた。2001年〜2008年の8年間は背中痛のため活動を休止していたが、復活した1年後の2010年には米国チャンピオンズツアーにも参戦。賞金ランキングで最高16位(2010年)につけたこともある。

日本シニアデビューは、主催者推薦で出場した2015年の「日本シニアオープン」。初参戦ながらも9位でフィニッシュし、翌年は3位と好成績を残していた。そして、今シーズンはシニアツアーの外国人選考会を経て、3月に行われた最終予選会で6位と奮闘。2017年の出場枠を確保し、本格的にツアー参戦している。

思わぬ実力者の登場だが、さらに意外な素顔が。2017年から台湾シニアPGAの会長を務めているのだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!