気がつけば大混戦!高山忠洋、6度目Vへ「日差しが欲しい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ

  • 期間:2017年09月21日-09月24日、
  • 場所:カレドニアン・ゴルフクラブ(千葉県)

気がつけば大混戦!高山忠洋、6度目Vへ「日差しが欲しい」

2017年09月23日18時35分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 高山忠洋 -12
  P・サクサンシン -12
3 片岡大育 -11
4 洪健堯 -8
  今平周吾 -8
6 I・J・ジャン -6
  M・グリフィン -6
  宋永漢 -6
  大堀裕次郎 -6
10 B・レオン -5

順位の続きを見る

この日“73”と苦しんだ高山忠洋

この日“73”と苦しんだ高山忠洋(撮影:鈴木祥)

<アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ  3日目◇23日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>

この日までぶっちぎりの単独首位だった高山忠洋が3バーディ・5ボギーの“73”を叩き、トータル12アンダーで3日目のラウンドを終了。スコアを4つ伸ばしたプーム・サクサンシン(タイ)に並ばれ、運命の最終日を迎えることになった。

華麗なチップインバーディのはずが… 何で1罰打なの!?

ホールアウト後、「大混戦〜」と苦笑いしながら記者たちの前に姿を現した高山。2位以下に6打差以上の差をつけてスタートした第3ラウンドも、12番までは3バーディ・1ボギーと、全く危なげない展開だった。しかし、「今日は13番から異常に難しいと感じた」と振り返ったように、前日までの2日間で15個のバーディに対して1つだけだったボギーを、13番以降の6ホールで4つ叩いてしまい、この日だけでスコアを2つダウン。気がつけば、サクサンシンに並ばれ、4打差以内に5人がひしめく状態となってしまった。

自身初の完全優勝に向けて視界は良好だったはずが、いつの間にか暗雲が垂れ込めてきた状況に、「(差をつけたまま)行けば行くほど有利なのは分かっていた。行けるところまで行きたかった」と本音をポロリ。痛めている腰については、「朝起きた時には嫌な感じだったが、プレー前のケアで打てるようにはなった。(今日は)気温が低くて、強く打とうとすると右にしか行かなかった」。“73”という結果についても、「ティショットが曲がると難しい。カレドニアンの洗礼を受けた」とこぼした。

とはいえ、まだ首位タイに留まっており、6年ぶりの6勝目に向けて有利な状況で最終日を迎える。39歳のベテランは、「よくなかったショットを調整して、あした頑張りたい」と意気込むとともに、「気温が上がってほしい。日差しが欲しい」と陽光が溢れる暖かな天候でのラウンドを強く求めていた。

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!