「まだ私、いけるかな」年齢への不安を払拭!38歳のイ・チヒが嬉しいメジャー2勝目 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

「まだ私、いけるかな」年齢への不安を払拭!38歳のイ・チヒが嬉しいメジャー2勝目

2017年09月10日19時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 李知姫 -5
2 イ・ミニョン -3
3 東浩子 -2
4 川岸史果 -1
  比嘉真美子 -1
  柏原明日架 -1
7 藤田さいき 0
  葭葉ルミ 0
  鈴木愛 0
10 新海美優 +1

順位の続きを見る

18番をバーディで締め万感のガッツポーズ

18番をバーディで締め万感のガッツポーズ(撮影:米山聡明)

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇10日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

38歳のベテランはやはり強かった。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の最終日、首位タイから出たイ・チヒ(韓国)は終盤でイ・ミニョン(韓国)に追いつかれるも、もう一度突き放しツアー22勝目、メジャーでは2勝目となる勝利を飾った。

熱戦を200枚以上の特選フォトでプレーバック!

最終組で出たチヒは、出だしの1番でボギーとつまずいたが4番、6番とバーディを奪いスコアを伸ばしてハーフターン。ここからが百戦錬磨の老練者の真骨頂だった。

まずは、10番でボギーを叩くも11番でバウンスバック。12番のボギーも14番ですぐさま取り返すと16番では「ラフのすごいところに入ってしまって。出すだけで精一杯でした」と3オン2パットのボギー。ここでミニョンに並ばれたが、「17番、18番でバーディを獲らないとプレーオフまでもいけない」ともう一度集中しなおすと、まずは17番パー3で2.5メートルにピタリ。バーディを奪う。

もう一度頭1つ抜け出すと、1打差で迎えた最終18番パー5。奥から下りの6メートルのバーディパットを「タッチだけを合わせに行きました。距離感だけを考えて2パットでも大丈夫」と放ったパットはカップに収まりウイニングパットに。先に上がり見守っていたミニョンも「仕方ない」といった表情を浮かべるほどの上り2ホールで接戦に蹴りをつけた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!