「何も言うことはありません」鈴木愛、途中まで“勝ちパターン”も連覇ならず | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

「何も言うことはありません」鈴木愛、途中まで“勝ちパターン”も連覇ならず

2017年09月10日20時09分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 李知姫 -5
2 イ・ミニョン -3
3 東浩子 -2
4 川岸史果 -1
  比嘉真美子 -1
  柏原明日架 -1
7 藤田さいき 0
  葭葉ルミ 0
  鈴木愛 0
10 新海美優 +1

順位の続きを見る

鈴木、得意のパッティングが後半は決まらず…

鈴木、得意のパッティングが後半は決まらず…(撮影:鈴木祥)

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇10日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

これまで「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を3回の出場で2度制している鈴木愛。2016年大会に続く連覇を狙ったが3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず。トータルイーブンパーの7位タイで4日間を終えた。

息詰まる熱戦!名場面を200枚以上の写真で振り返る

強さを見せつけた前半だった。出だしの1番で2メートルを沈めてバーディを先行させると、7番、8番で連続バーディを奪い。首位とは1打差。“勝ちパターン”を作りつつあった。

リズムが乱れたのは9番。2打目をピン2メートルにつけて、決めれば首位に並ぶバーディパットは「いいストロークはできたけど…」カップに決まらずクルリ。パーとすると折り返しの10番、11番で連続ボギー。その後もバーディを奪えず、15番でボギーを叩いて万事休す。選手権3勝目はならなかった。

この日のラウンドを振り返り「前半はショットが良かったですが、後半はショットもパットも悪かったので…何も言うことはありません」と鈴木。「この試合に合わせてやってきて、しっかり調整してきたつもりですが、ここまでパッティングが入らないと勝てない。当然という感じです。メジャーにかかわらずどの試合も勝ちたいので、もう少しパッティングを調整したい」と話すと足早にクラブハウスを後にした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!