パッティングの調子が安定している藤田さいき、快進撃はこれから!? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

パッティングの調子が安定している藤田さいき、快進撃はこれから!?

2017年09月10日19時47分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 李知姫 -5
2 イ・ミニョン -3
3 東浩子 -2
4 川岸史果 -1
  比嘉真美子 -1
  柏原明日架 -1
7 藤田さいき 0
  葭葉ルミ 0
  鈴木愛 0
10 新海美優 +1

順位の続きを見る

藤田、この試合では7位に終わった

藤田、この試合では7位に終わった(撮影:鈴木祥)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 3日目◇9日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

2011年以来、優勝から遠ざかっている藤田さいきが最終組で優勝争いを繰り広げた。残念ながらスコアを2つ落として7位タイの結果に終わったが、ハードなコースセッティングの中、上位で戦えた満足感はあったに違いない。

熱戦を200枚以上の特選フォトでプレーバック!

ティショットの落としどころが十数歩しかないホールもあった。フェアウエーを狭く絞ったが故に、ラフの難しさが増した。安比高原GCはフェアウエーが洋芝でラフが野芝だったため、フェアウエーを狭く絞ったことで場所によって洋芝のラフが出現してしまったのだ。セッティングの難しさが選手を苦しめた。スコアは伸びず、最終日アンダーパースタートはたったの5人だった。

だが、ティショットやラフからのショットの難しさは、まだ対応できた。目に見えているからだ。だから5人がアンダーパーを出せた。3日目を終えて2アンダーで3位の位置につけた藤田はいっていた。「毎日1アンダーで回っていたら、優勝争いに食い込める」と。苦しんでいる選手たちをさらに悩ませたものがあった。状態を読み切れないグリーンだった。

初日の午後は強い雨が降り、メンテナンスのためグリーンにまかれていた砂が浮いた。浮いた砂がまとわりつき、ボールは思ったように転がらない。2日目は一転して青空が広がった。初日の雨でグリーンが軟らかくなりピンを狙っていけるようになったが、強い風が吹き表面が乾いた。ここでも初日に浮いた砂が選手たちを苦しめた。グリーンにまかれた砂の量が、場所によってまちまちだったのだ。そのせいで、ボールの転がりが読めなかった。アプローチも、やっかいだった。砂が多いところでは、スピンがほどけてしまうのだ。想定外の球足の伸びに、手を焼いた。3日目も天気に恵まれ、グリーンはさらに乾き固く締まった。そして最終日は、スタート前に雷雨。スタートが3時間50分遅れる激しい雷雨だった。日々状態が変化する世紀のガマン比べだった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!