大ピンチを何度も救済!片山晋呉に長尺パターを勧めた某プロとは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

大ピンチを何度も救済!片山晋呉に長尺パターを勧めた某プロとは?

2017年09月09日18時03分

このガッツポーズ!片山晋呉が死闘を制し決勝進出(撮影:佐々木啓)

<ISPSハンダマッチプレー選手権 準決勝・5位タイ決定戦◇9日◇浜野ゴルフクラブ(7,217ヤード・パー72)>

片山晋呉とチョ・ビョンミン(韓国)による「ISPSハンダマッチプレー選手権」の準決勝第2試合。お互いに一歩も引かない熱戦は18ホールで決着がつかず、エキストラホールに突入した。

グラサンを装備すると…ますますダンディに?

通算21ホール目となった18番パー4で、両者ともに2打目をピン手前3メートルにつける。わずかにボール1個分片山の方がピンに近く、ビョンミンが先に打つ。「それまではずっと同じルーティンで打っていたのに、このパットだけテークバックが少し早かったです」と悔やんだパットは、無常にもカップの右をすり抜けていく。後に打つ片山が1パットで決めれば勝負が決まる。ここで片山の脳裏に浮かんだのが、スタート前のパッティンググリーンだった。

「最後にボールを転がすとき、これを沈めれば優勝という気持ちで打っていますが、その練習はこのときのためにやっていたことなんだと、改めて自分に言い聞かせました」

慎重にラインを読んだ後、ゆっくりとアドレスに入り、放たれたボールはほぼ真っすぐなラインをなぞるようにカップに向かって転がっていく。そのままカップに吸い込まれた瞬間、激しいガッツポーズを何度も繰り返した片山。まるで優勝したかのような喜びようだった。「マッチプレーは1試合、1試合が決勝戦なんです。目の前の相手に対していかに1アップするかというゲームだからこそ、勝てばうれしいし、自然とガッツポーズも出るんですよ」と、熱く語った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 速報はこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」速報
松山英樹、小平智らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」速報
今平周吾と川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!