「今季初優勝も時間の問題」小平智、8打逆転Vならずも“65”に手応え | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フジサンケイクラシック

  • 期間:2017年08月31日-09月03日、
  • 場所:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)

「今季初優勝も時間の問題」小平智、8打逆転Vならずも“65”に手応え

2017年09月03日18時23分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 H・W・リュー -3
2 小平智 -3
  S・ハン -3
4 武藤俊憲 -2
5 今平周吾 -1
  任成宰 -1
7 伊藤有志 0
  李尚熹 0
  薗田峻輔 0
  金庚泰 0

順位の続きを見る

大逆転Vはならずも… 小平智は納得の“65”

大逆転Vはならずも… 小平智は納得の“65”(撮影:鈴木祥)

フジサンケイクラシック 最終日◇3日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

今季初優勝はならなかったが、見事だった。3オーバー22位タイからスタートした小平智が大まくり。前半3バーディ・1ボギーでスコアを2つ伸ばすと、後半13番から4連続バーディを披露。上位陣が伸び悩む中、猛然とリーダーボードを駆け上がり、優勝争いに割って入った。

おしどり夫婦!小平智と古閑美保の仲良し2ショット

続く17番パー5でも、第3打をピン1メートルにピタリ。5連続バーディでトップに踊り出るかと思われたが「下りのちょっと右に切れるライン。自分では狙いどおりに打ち出せたんだけど……(小平)」と振り返ったパットはカップに嫌われて、バーディならず。ギャラリーからは悲鳴が上がった。

これで水を刺されたのか、最終18番の2打目はグリーン奥のバンカーへ。しかし、そこは今季、「全米オープン」、「全米プロ」でも戦い抜いた実力者。今大会を象徴する難しいピン位置をものともせず、あわやチップインのナイスリカバリー。楽々パーセーブして、プレーオフへと進出した。

18番を舞台にしたプレーオフでの第2打も、今度はピン右横のバンカーに。目玉になってしまう不運もあってピンに寄せきれず。パーパットも沈められずにボギーとすると、きっちりとパーを取ったW・H・リュー(韓国)にあっさりと勝利を決められた。「まぁ、しょうがないです。プレーオフは初めての経験で、ちょっととまどいがありましたね。でも、この最終日、いいゴルフができてよかったです」。敗れたものの、この日の“65”には納得の表情を見せた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!