【WITB】フリー契約の比嘉真美子が選んだ実戦的セッティング | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 期間:2017年08月11日-08月13日、
  • 場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)

【WITB】フリー契約の比嘉真美子が選んだ実戦的セッティング

2017年08月15日17時10分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 比嘉真美子 -12
2 キム・ハヌル -12
3 大山志保 -11
  辻梨恵 -11
5 永井花奈 -9
  笠りつ子 -9
7 イ・ボミ -8
  大城さつき -8
  小祝さくら -8
  福田侑子 -8

順位の続きを見る

ドローボールでティショットを放つ比嘉

ドローボールでティショットを放つ比嘉(撮影:村上航)

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,655ヤード ・パー72)>

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でキム・ハヌル(韓国)とのプレーオフを制し、4年ぶりとなるツアー優勝を果たした比嘉真美子。前回の優勝(2013年のリゾートトラストレディス)時とは異なり、現在はフリー契約の立場で臨んだクラブセッティングによって、今季初優勝をもぎとっている。

今季初優勝をゲット!比嘉真美子の実戦的セッティング

近年、ドライバーショットの方向性に悩んでいた比嘉が、現在使用するドライバーは「G400 LSTEC」。ヘッド体積445ccと中型ながら、重心深度が非常に深く球が上がりやすい設計であり、かつ重心距離が大きいためフェースが返りすぎない最新モデルだ。クラブの専門家である筒康博に聞いてみた。

「ドローヒッターである彼女にとって、大きく左へ球が曲がるチーピンは致命傷。不調時の彼女はチーピンのみならず、これを嫌がって出る右へのプッシュアウトにも悩んでいました。チーピンに悩むドローヒッターは、フェースが返りやすいヘッドだと意図しない時にフェースが閉じすぎて、余計に左へ球を曲げやすくなります。彼女が使用する『GBB EPIC Sub Zero』フェアウェイウッドも同様ですが、適度な重心距離があることでフェースが必要以上に返りすぎず、左へ曲がるリスクを減らせます。また、球が上がる安心感により、余計なスイングの動きをしにくくなるメリットもあります」(筒康博)

ドライバーシャフトは純正モデルを使用している。速いスイングリズムで振る比嘉にとっては少々柔らかめのモデルでも、打ち急ぎを防いでくれるのは大きいはず。また、ミスヒット時にもある程度のスピン量が得られるので、安定したキャリーと方向性を獲得できる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!