怪我からの復活目指す工藤遥加 今季ベストの2位タイスタート | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

北海道meiji カップ

  • 期間:2017年08月04日-08月06日、
  • 場所:札幌国際カントリークラブ 島松コース(北海道)

怪我からの復活目指す工藤遥加 今季ベストの2位タイスタート

2017年08月04日19時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 山田成美 -5
2 工藤遥加 -4
  森田遥 -4
4 ささきしょうこ -3
  大山志保 -3
6 福田真未 -2
  カン・スーヨン -2
  李知姫 -2
  藤田さいき -2
  吉本ひかる -2

順位の続きを見る

満身創痍からの復活… 工藤遥加が今季ベストの2位発進

満身創痍からの復活… 工藤遥加が今季ベストの2位発進(撮影:佐々木啓)

<北海道meijiカップ 初日◇4日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,476ヤード・パー72)>

白樺の枝葉が大きく揺れ、雲が流れていた。風速4〜5メートル。第1組のスタート前から、ゴルフにはやっかいな風が吹いていた。

工藤遥加のはじける笑顔が満載

その風とケンカすることなく、優しく触れあうようにラウンドした選手がいた。6バーディ・2ボギー、トータル4アンダー。今季のベストである2位タイで初日を終えた工藤遥加だ。「風を読み間違えてのボギーもありましたが、ラッキーが多かったと思います。最終18番のバーディも、刻んだつもりのセカンドショットがいいところまで飛んでいました」と工藤。

だが、ラッキーだけではなかった。

昨シーズンには首のケガ、今季に入ってからは右のあばらを痛めた。背中痛もある。そのため自慢の飛距離も、30ヤード落ちた。「ダウンスイングのタメがつくれなくなりました」。体の故障は、容赦なく選手を苦しめる。「ほけんの窓口レディース(5月12日〜14日)」から、棄権1試合を挟んで6試合連続で予選落ち。低い球しかでなくなり、今ではドライバーのキャリーは215ヤード。攻め方を考えるようになったという。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!