勝みなみが再来週プロテストへ自信「パットに手ごたえを感じました」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

勝みなみが再来週プロテストへ自信「パットに手ごたえを感じました」

2017年07月16日16時47分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 キム・ヘリム -11
2 ユン・チェヨン -7
  岩橋里衣 -7
4 成田美寿々 -6
5 永井花奈 -5
  濱田茉優 -5
  堀琴音 -5
  上田桃子 -5
9 若林舞衣子 -4
10 黄アルム -3

順位の続きを見る

ベストアマを獲得した勝みなみ これが最後のベストアマとなるのか

ベストアマを獲得した勝みなみ これが最後のベストアマとなるのか(撮影:佐々木啓)

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇16日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,667ヤード・パー72)>

16日(日)に茨城県・イーグルポイントゴルフクラブで行われた国内女子ツアー「サマンサタバサレディース」をトータル1オーバー・24位で終えた勝みなみ。再来週に控えたLPGAの最終プロテストへ向けての手ごたえを感じたようだ。

【関連写真】激闘から水着オーディションなどのイベントまで完全網羅!サマンサタバサフォトギャラリー

「今日はパットに手ごたえを感じました。これを自分の体にしみこませれば、大丈夫だと思いました。ここはいつも苦手なコースとして考えていたのですが、ティショットとパットでスコアを作れることを実感できました。これで十分にプロテストも戦っていけると。去年は8オーバーで全然ダメだったので、これでプロテストへ自信がつきました」(勝)

 2014年にツアー史上最年少となる15歳293日で優勝を果たした勝も、今や19歳となり、プロテストを受けてプロ入りを目指す。アマチュアで優勝した当時はアマチュアとして戦うことを選択。プロ宣言をしていれば、プロテストを受けることなくツアーに参戦できた。だが、その時のことについては後悔はないと断言する。

「あの時にプロ宣言していたら、(メディアを含めて)周囲のプレッシャーに押し潰れてしまっていたかもしれません。高校に行ったことでいろいろな人との付き合い方を覚えて勉強になったし、さらにメンタル面で強くなることができたと思います。それがすごくよかったと思います」(勝)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!