今年のサマンサはメジャー並み!?上田桃子は「玄人好みの試合となった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

今年のサマンサはメジャー並み!?上田桃子は「玄人好みの試合となった」

2017年07月14日19時19分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 岩橋里衣 -4
2 黄アルム -3
3 濱田茉優 -2
4 勝みなみ -1
  永井花奈 -1
  若林舞衣子 -1
  キム・ヘリム -1
  堀琴音 -1
  小林咲里奈 -1
  上田桃子 -1

順位の続きを見る

百戦錬磨の上田桃子も警戒、難易度は“メジャー級”に?

百戦錬磨の上田桃子も警戒、難易度は“メジャー級”に?(撮影:佐々木啓)

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 初日◇14日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,667ヤード・パー72)>

サマンサタバサレディース」に異変が起きている。2013年、2014年大会の優勝スコアはトータル16アンダーを記録するなど、いわゆる“バーディ合戦”の展開が多く見られたが、今年はそれが一変。2アンダーよりも良いスコアをマークした選手が、初日としては過去最少となるわずか3人。首位の4アンダーというスコアも、悪天候となった昨年の3アンダーに次ぐ2番目に少ない数字となっている。

美女だらけの水着オーディション開催!初日のスペシャルLIVEフォトはこちら

今年はコースが大きく変わり、総距離が6,667ヤードまで伸びた。この数字はメジャーを除けば今年開催された国内女子ツアーの中で最も長い。これがスコアの伸びない理由の1つだが、選手に聞くと他にも理由があるようだ。

「この大会は華やかで、バーディ合戦のイメージがある試合でした。それが大きく変わってシビアで粘りが必要な玄人好みの試合となった」と話すのは1アンダー・4位タイにつけた上田桃子。「距離も長くて風があったし、ラフも長くて。ピンも奥の難しい位置に切ってあって、距離も長くグリーンの読みも難しい。メジャーみたいなセッティングですよ」。

今大会の2013年大会の覇者で、今年のオフに練習にきたという吉田弓美子が、さらに詳しく解説する。「ここのコースは風が吹くとグリーンが締まるんです。そうなると速くなる特徴があるんですね。今日は風が強かったですから。このコンディションで4アンダーはすごい。ラフも深くて入れたらノーチャンス、如何にフェアウェイに置くかがカギです」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!