「いつかは僕も」の希望を膨らませた復活優勝【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

「いつかは僕も」の希望を膨らませた復活優勝【舩越園子コラム】

2017年07月04日11時51分

5年ぶりVのカイル・スタンレー、燻っている選手に勇気を与える勝利だった

 

5年ぶりVのカイル・スタンレー、燻っている選手に勇気を与える勝利だった(撮影:GettyImages)

タイガー・ウッズ(米国)の姿なき“ウッズの大会”となった「クイックン・ローンズ・ナショナル」は、「全米オープン」と「全英オープン」にはさまれたメジャー大会の谷間に位置していることもあり、今年はトッププレーヤーたちの姿もほとんどない大会となった。

【関連動画】スタンレーがツアー2勝目!最終日のハイライト

出場選手の中で世界ランキング最高位だったのはリッキー・ファウラー(出場時9位)で、他選手はみな二桁以上のランキング。

だが、世界ランキングが三桁になっても、200位、300位、400位台まで後退しても、ずっと頑張り続ければ、いつかはトッププレーヤーへ戻ることができる。そんな復活物語を地で行く優勝者が生まれ、いい大会になった。

最終日は一時は首位に7人がひしめく大混戦となったが、そこから抜け出したのはチャールズ・ハウエルIIIカイル・スタンレー(ともに米国)の2人。そして、プレーオフ1ホール目で勝利したスタンレーは涙で言葉が続かないほど感無量の様子だった。

「本当に苦しい日々だった。支えてくれた家族や友人たちのおかげで、再び勝利に辿り着くことができた。今は胸がいっぱいだ」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!