名勝負を生み出したのは2人の“練習量”にアリ!【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

アース・モンダミンカップ

  • 期間:2017年06月22日-06月25日、
  • 場所:カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)

名勝負を生み出したのは2人の“練習量”にアリ!【辻にぃ見聞】

2017年06月27日12時04分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 鈴木愛 -18
2 三ヶ島かな -17
3 笠りつ子 -14
4 堀琴音 -13
5 不動裕理 -12
6 森田遥 -11
7 香妻琴乃 -10
  ユン・チェヨン -10
  イ・ボミ -10
10 穴井詩 -9

順位の続きを見る

激闘を終えた鈴木愛(左)と三ヶ島かな、互いの健闘をたたえ合った

激闘を終えた鈴木愛(左)と三ヶ島かな、互いの健闘をたたえ合った(撮影:福田文平)

ツアー前半戦の最後の戦い「アース・モンダミンカップ」は最終ホールまでもつれる展開に。先にバーディパットを打った三ヶ島かなが11mをねじ込み追いついたが、鈴木愛が7mを入れ返して勝負あり。鈴木の優勝で幕を閉じた。そんな見ごたえのある戦いの深層を上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が語る。

人気急上昇中!三ヶ島かなの特選フォトギャラリーはこちら

■平均パット数1位の鈴木愛 去年からの成長部分は“品の良いオーバー”
鈴木のスコアがトータル18アンダー、三ヶ島のスコアはトータル17アンダーと例年同様伸ばし合いとなった今大会。パターが入らない選手が次々に脱落していった。そんな中、昨年、そして今年の前半戦で平均パット数1位の鈴木愛が優勝したのはある種必然ともいえる。元々パッティングに定評のある鈴木だが、辻村氏が今年特に成長した部分として挙げるのはオーバーの仕方だ。

「鈴木さんと言えば、必ずカップまで届かせる強気なパッティングが持ち味です。それを生み出しているのが、引いてからフォローまで“心地よく加速する”パッティングです。減速して球に当たれば球の乗りが悪く、ボールに回転力がありません。心地よく加速すれば心地よい回転で転がって行ってくれます。だからカップにしっかりと届くし、去年までみたいに強く入ることもないから、50〜60cmのちょうど返しを入れやすい距離で止まってくれる“品の良いオーバー”で止まるのです。この加速することはストロークよりも大事なことだと思っています。アマチュアの方はストロークばかりに目が行きがちですが、もう一度減速していないか見直してみてください」

■名勝負を生み出したのは2人の練習量
一方の三ヶ島の長所として辻村氏が筆頭に挙げたのが練習量。今シーズンの序盤から持ち味であるパターが入らず苦しんでいたが、それでも腐らずに練習していた姿が目を引いたという。

「とにかく根性があります。パター練習しているときに中々入らなくてもずーっと同じ距離から練習していたり。練習しているときの目には“絶対上手くなる”と書いてあるように見えるんです。その練習があるから、ショットにしてもパットにしても去年より今年、開幕直後よりも今、としっかりと成長できています」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!