複数回優勝の2人 キム・ハヌルとテレサ・ルーの共通点に強さの秘密【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

複数回優勝の2人 キム・ハヌルとテレサ・ルーの共通点に強さの秘密【辻にぃ見聞】

2017年06月20日08時33分

「距離が出る2人だからこそのセッティング。飛ばせるから下の番手に厚みを持たせることができる。ウェッジを増やすことで、微妙な距離感を“スイングの強弱”ではなくクラブによって調節できる。バーディは“飛距離”ではなく“ウェッジコントロール”で獲るもの。これは鉄則です」。ハヌルは平均バーディ数3位、テレサは4位という数字がウェッジの重要性を物語っている。

2人以外にも上田桃子葭葉ルミら女子ツアー界のトレンドになりつつあるウェッジ4本体制。アマチュアにも真似して欲しいという。「ウッドの本数を減らすリスクはありますが、フルショットで距離に対してコントロールできるメリットは大きい。アマチュアの人にこそしてほしいセッティングですね」

武尾咲希は“ゆったり”が持ち味
そんなテレサの壁に阻まれた新鋭2人。武尾咲希はこれで獲得賞金が早くも2,100万円を突破。来年の賞金シードに確定のランプを灯した。そんな武尾の強さを辻村氏は“ゆったり感”だと解説する。

「武尾さんのスイングテンポはゆったりそのもの。ゆっくりテークバックして、全体のテンポを作り上げています。クラブをゆっくり上げるから手で上げることはなく、体を使ってトップまで持って行く。そしてしっかりと肩が入るから捻転が深い。また、打ち急ぐこともないからスピン量も安定しているし、ミート率も一定。曲がり幅も少ないです。打つというよりも運んでいくタイプ」。フェアウェイキープ率7位の秘密がここにある。

それ以上に目を引くのがグリーン上。「パッティングが彼女の一番の武器だと思いますね。タッチが良い。センスを感じさせますし、集中力も感じます。簡単なミスが無くなってくればさらに上位を狙えるでしょう」

■一方の新海美憂は新人らしからぬプレーが売り
もう1人の新鋭・新海美憂は新人らしからぬ部分に強みを感じるという。「全体を通してすごい落ち着きを感じます。また、サンドセーブ率とリカバリー率が高いのも特徴。ショットは良いけど、アプローチがちょっと…という若い子が多い中、自分のスタイルであるグリーン周りをとても大事にしているように感じます。もちろんスイングもバランスが良く、柔らかさがありますからこの先期待できます」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!