松山英樹、猛追届かずも…自身メジャー最高2位タイ!ブルックス・ケプカが初のメジャー制覇 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

松山英樹、猛追届かずも…自身メジャー最高2位タイ!ブルックス・ケプカが初のメジャー制覇

2017年06月19日09時05分

12アンダーでフィニッシュした松山英樹

 

12アンダーでフィニッシュした松山英樹(撮影:岩本芳弘)

米国男子メジャー「全米オープン」は最終ラウンドを行い、トータル16アンダーまでスコアを伸ばしたブルックス・ケプカ(米国)が逆転で初のメジャー制覇を達成した。トータル16アンダーは2011年にローリー・マキロイ(北アイルランド)が記録した16アンダーと並ぶ大会最多アンダーパータイ記録となった。

激動の全米オープンを特選フォトギャラリーでプレーバック!

トータル6アンダーの14位タイからスタートした松山英樹は8バーディ・2ボギーの“66”と猛追を見せて、ホールアウト時点では首位と1打差に迫るトータル12アンダーでフィニッシュ。その後ケプカが3連続バーディを奪うなどして突き放されたが、自身のメジャー最高位となる2位タイでフィニッシュ。メジャー制覇の可能性をさらに印象付ける最終日となった。

この日は1番パー5でバーディを奪う幸先の良いスタートを見せると、4番パー4ではグリーン外からパターで放り込んで2つ目のバーディ。さらに続く5番パー4もセカンドをベタピンにつけて連続バーディとした。6番はボギーとしたものの、後半に入って11番パー4、12番パー4と連続バーディ。パー5の14番でもバーディを奪うと、直後の15番はティショットをブッシュに入れてボギーとするも直後の16番パー3でバーディ。最終18番パー5もバーディで締めて後続に強烈なプレッシャーをかけた。

松山と並ぶトータル12アンダーの2位タイにはブライアン・ハーマン(米国)。日本勢は小平智がトータル3オーバーの46位タイ。宮里優作はトータル9オーバーの60位タイで4日間を終えている。

おすすめコンテンツ

アジアパシフィック女子アマチュア選手権 特集
アジア地域の最強女子アマ決定戦「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」が今年は日本で開催!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
本間ゴルフ×ALBAスペシャルサイト
本間×ALBAオリジナルコンテンツがいっぱい詰まったスペシャルサイトを今すぐチェック!!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!