キム・ハヌルが首位浮上!今シーズン絶好調の理由を“姉弟”で解説 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

キム・ハヌルが首位浮上!今シーズン絶好調の理由を“姉弟”で解説

2017年06月10日17時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 キム・ハヌル -14
2 辻梨恵 -11
  堀琴音 -11
  テレサ・ルー -11
5 山城奈々 -10
6 武尾咲希 -9
  イ・ボミ -9
  イ・ミニョン -9
  岡山絵里 -9
  ぺ・ヒギョン -9

順位の続きを見る

パッティングの安定が今季の躍進につながっているという

パッティングの安定が今季の躍進につながっているという(撮影:村上航)

サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目◇10日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

やっぱりこの人が上がってきた。ムービングデーを迎えた「サントリーレディス」で最終日のポールポジションをゲットしたのは、現在賞金ランク1位と絶好調のキム・ハヌル(韓国)。1番パー5で3打目を2mにつけてバーディを奪うと、6番で1.5m、7番で5mを沈めてスコアを伸ばす。折り返してからは14番で6m、16番で7mとロングパットを沈めて、5バーディ・ノーボギーの“67”。トータル14アンダーまで伸ばし、2位に3打差をつけてトップに立った。

日本ではこれで見納め?引退発表の宮里藍がいよいよ最終日へ

今季全選手中、唯一となる複数回優勝を挙げているだけでなく、トップ10回数でも現在1位。今季のハヌルは安定感が違う。その理由を聞いてみると…

「パッティングですね。ショットはたぶん去年の方が良かったと思うんです。でもパターの感覚が良くなってきたからスコアをまとめられるようになりました。もったいないボギーもなくなったし、チャンスもしっかりと決められるようになりました」。平均パット数は昨年5位から2位。確実に数字に現れている。

具体的にいうとリズムが変わった。「去年はゆっくり引いてパチンと打ってしまう時がありました。それを合宿で2〜3時間練習して一定のリズムでストロークできるように心がけました」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!