藍との36ホールが終了…上田桃子、最後の言葉は「ありがとう」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

藍との36ホールが終了…上田桃子、最後の言葉は「ありがとう」

2017年06月09日18時36分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 辻梨恵 -10
2 葭葉ルミ -9
  キム・ハヌル -9
4 ぺ・ヒギョン -8
5 岡山絵里 -7
  岩橋里衣 -7
  イ・ミニョン -7
  山城奈々 -7
  福田侑子 -7
10 竹内美雪 -6

順位の続きを見る

ホールアウト後、熱い抱擁を交わした上田桃子(右)と宮里藍

ホールアウト後、熱い抱擁を交わした上田桃子(右)と宮里藍(撮影:村上航)

サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目◇9日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

同志との36ホールが終わった。「サントリーレディス」2日目、今季限りの引退を発表した宮里藍と同組で回った上田桃子が正直な気持ちを語った。

宮里藍、上田桃子の2ショットも!2日目のLIVEフォトギャラリーはこちら

「昨日よりもこれで最後、という気持ちは弱かった」とスタートした。初日と同様に合間に「普段通り」の会話を挟みながらのラウンド。「昨日彼女のバーディで乗れたので今日は私が火をつける」という思いが実りバーディ先行。「藍ちゃんは耐えてるな、と言う感じだった」と苦しむ宮里とは対照的に前半だけで3つ伸ばした。

だが、異変が起きたのは12番。ターゲットにフォーカスできなくなる。「色々なことを考えすぎました。マネジメントだったり、目線だったり」。またプレーとは別にカットラインが気になった。宮里が当落線上にいたからだ。「16番で右に打った時に、難しいラインだったから“大丈夫かな”って思ってたら3パットのボギーで」。これでいよいよ後が無くなる。「ここからが彼女のゴルフの見どころだなぁと」。

上田の心配、そして期待に宮里は最高のかたちで応えた。17番での3mのバーディパット。「いいストローク、いい転がりで(上田)」ボールはカップに吸い込まれた。「あれが藍さん。数多くのプレッシャーのかかる状況を経験してないとできない。彼女の中ではすごく重みのある1打。それを分かったうえで決めるからさすがだな、と」。一方、上田の「すごく疲れているときの集中できない感覚」は最後まで収まらず。18番では池に入れてダボ。「こんな感覚あまりないです。色々試したんですけど…」と後半で崩れ、トータル1アンダーの41位タイで予選突破となった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!