【WITB】実は平均ストローク1位 今平周吾の優勝ギア | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

関西オープン

  • 期間:2017年05月18日-05月21日、
  • 場所:城陽カントリー倶楽部(京都府)

【WITB】実は平均ストローク1位 今平周吾の優勝ギア

2017年05月23日16時29分

アイアンでもグリップを余らせて打つ!

アイアンでもグリップを余らせて打つ!(撮影:米山聡明)

先週に開催された「関西オープン」は、今平周吾が2位に6打差を付け、初日からトップを譲ることなく完全優勝を成し遂げた。

今平周吾のセッティングはコレ!

待ちに待った初勝利は鮮やかな勝利となった。これまで幾度となく優勝争いを経験してきたが、最終日に競り負けてきた。ところが、勝つ時がこんなにもあっさりと訪れるとは。

だが、今季のスタッツを見る限り、直近で2連勝を飾った宮里優作らを抑えて、現在平均ストロークは堂々の1位。谷原秀人池田勇太がいないことを考慮しても、この鮮やかな勝利も時間の問題だったことを数字が証明している。また、今季から契約が変わったヤマハ『RMX 116ドライバー』を手にして、未だ序盤戦とはいえ、大幅な飛距離アップを果たしている。(昨季278.9y→今季292.06y)

44.75インチのさほど長くないドライバーを、1インチ近く短く握ることもある今平。実質、44インチを切る長さで使っているだろうか。165センチ、60キロの小兵がこんなに短く持っての290ヤード超とは恐れ入る。今平と体のサイズが同じフィッター兼クラフトマンの筒康博氏は短く持つメリットをこう語る。

「これまでの経験上、プロではなく一般ゴルファーが45インチのドライバーを1インチ以上短く持ってもヘッドスピードはさほど変わりません。むしろ、身長の低い人は目一杯長く持って手元の位置を上げて構えるより、短く持って適正な高さにしたほうがスムーズに体の回転とシンクロして振れ、ミート率も上がって振り遅れなどのミスを減らせます。今平プロも、この長さで持ったドライバーの顔の見え方や手元の位置に馴染んでいて自然な構えがこれなのでしょう」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!