フェアウェイキープ王・稲森佑貴は「今平さんに負けないように」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

関西オープン

  • 期間:2017年05月18日-05月21日、
  • 場所:城陽カントリー倶楽部(京都府)

フェアウェイキープ王・稲森佑貴は「今平さんに負けないように」

2017年05月21日21時43分

稲森佑貴はイーブンパーで8位タイ

稲森佑貴はイーブンパーで8位タイ(撮影:米山聡明)

関西オープン 最終日◇21日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>

難関18番パー4をボギーとして、最終日2アンダー(4バーディ2ボギー)で回って4日間通算イーブンとした稲森佑貴谷口徹時松隆光と並んで8位タイに入った。

美人過ぎるキャディも今平の優勝にVサイン!

「18番は2打目をフェアウェイからピン筋に打てていけたんですけど、全然ボールが止まらずにグリーン奥。でも、あそこで一番手下げて打つとグリーンに届かないんですよねぇ。で、(18番グリーンサイド脇の)スコアボードも見ると、みんな伸ばせずにアンダーパーも少ない。よし、1アンダーキープだ、と思ったらファーストパットにちょっとパンチが入ってしまって…」。ピンをオーバーし、返しのパットも決められなかった。

しかし、初日“74”(3オーバー)スタートも2日目“71”、3日目“70”ときて、この日は“69”と確実にスコアを縮めた。「そうなんです。途中はグリーンが硬くて錯乱状態に陥りましたけど、やっとコースに慣れてきたって感じです。もう終わりですけど(笑)。でも、ボクにすれば日本オープンよりも難しいと感じたこのセッティングで、(スコアを)落として終わるんじゃなくて、伸ばして終えられたので、これを自信にして、次に生かしたいですね」。

しっかりとした成果も得られた。最近不調だったパッティングに復調の手ごたえを感じられた。今日の“69”も嫌らしい距離を沈めた凌いだものだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!