今平周吾、池田勇太以来の初優勝完全V!勝利の女神との再タッグは?? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

関西オープン

  • 期間:2017年05月18日-05月21日、
  • 場所:城陽カントリー倶楽部(京都府)

今平周吾、池田勇太以来の初優勝完全V!勝利の女神との再タッグは??

2017年05月21日17時17分

若松キャディとカップを掲げる今平周吾

若松キャディとカップを掲げる今平周吾(撮影:米山聡明)

関西オープン 最終日◇21日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>

3日目まででトータル8アンダー。2位に5打差の単独首位スタートした今平周吾が、この日もスコアを1つ縮め、4日間一度も首位を譲ることなく悲願のツアー初優勝を飾った。4日間首位キープの完全優勝は、昨年の「三井住友VISAマスターズ」優勝の松山英樹以来。4日間戦って初優勝が完全優勝となると、日本人では09年の「日本プロゴルフ選手権」優勝の池田勇太以来となる。

美人キャディ若松さんもカメラにピース!

初優勝とはいえ、今大会のプレーぶりや、これまでの経験値、今季国内4試合中3試合でベスト10フィニッシュと調子のよさを照らし合わせると、最終日は独走でゴールテープを切るだろうと誰もが考えていた。しかし、いきなり非常事態を告げる黄信号が灯った。

1番パー5はティショットさえフェアウェイにキープできれば、バーディも計算できる比較的やさしいホール。そこで、フェアウェイからの3打目、残り100ヤード、ロフト角52度ウェッジでグリーンを狙ったショットが大きくオーバーして奥のグリーンのカラーに。そこからパターで寄せたが、下りの1.5メートルのパーパットを外し、返しのパットもカップに嫌われてダブルボギーだ。「なんか(3打目は)普通に打ったのに、ものすごく飛んでしまって……。アドレナリン?」

同組、2位スタートのカート・バーンズはパーも、3位タイスタート6打差で追う片岡大育は見事バーディ。前組、同じく3位タイスタートした高山忠洋も同ホールでバーディを奪っており、その時点で2位グループとの差は、あっという間に3打差。一気に混戦模様の気配が漂った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!