星野陸也が21歳のバースデーに得た「超悔しい」教訓 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯

  • 期間:2017年05月11日-05月14日、
  • 場所:かねひで喜瀬カントリークラブ(沖縄県)

星野陸也が21歳のバースデーに得た「超悔しい」教訓

2017年05月12日19時52分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 谷口徹 -10
2 重永亜斗夢 -8
3 宮里優作 -7
4 小平智 -6
5 P・マークセン -5
6 池村寛世 -4
  任成宰 -4
8 山下和宏 -3
  内藤寛太郎 -3
  香妻陣一朗 -3

順位の続きを見る

スコアを伸ばし上位浮上も、星野陸也は唇を噛んだ

スコアを伸ばし上位浮上も、星野陸也は唇を噛んだ(撮影:上山敬太)

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2日目◇12日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)>

ドタバタの上がりに「超悔しいです」と肩を落とした今日、5月12日は21歳のバースデー。星野陸也が6バーディ・4ボギーの“70”でスコアを2つ伸ばし、トータル3アンダーで8位タイに順位を上げた。

【どこよりも早いスイング解説】星野陸也の飛ばしの秘密は切り返しの“間”

第2組目となる7時10分に1番から出た星野は、4番、5番と連続バーディでスコアを伸ばすと13番までに5つのバーディを奪って、一時は6アンダーにまで浮上した。しかし、「途中からピンを狙いすぎて大きなミスになった。無駄に攻めてしまった」と勢いづいたが故の落とし穴が終盤に待っていた。

難関の14番パー3は木の裏にボールがついてボギーとすると、15番パー4では左のピンに対して「右を狙えばいいのにつかまえていってしまった」と狭いサイドを攻めて連続ボギー。16番のバーディを挟んで、17番パー3、18番パー5でも連続ボギーとしてフィニッシュした。

「オーバーにしなかったので悪くはないけど、どうせならもう少し上に行きたかった」と2つスコアを伸ばしたこと及第点ともいえるが、「途中までは90点だったけど、最後で40点くらいマイナス」とバースデーラウンドには辛口採点。ホールアウト後は何度も、何度も「悔しい」が口をついた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!