新形式の新大会は「本気のはじめの一歩」【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

新形式の新大会は「本気のはじめの一歩」【舩越園子コラム】

2017年05月02日12時18分

記念すべき新フォーマット初代王者の2人、ヨナス・ブリクスト(左)とキャメロン・スミス

記念すべき新フォーマット初代王者の2人、ヨナス・ブリクスト(左)とキャメロン・スミス(撮影:GettyImages)

米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオーリンズ」は今年から大会形式がチーム戦に変わった。米ツアーがチーム戦を採り入れたのは1981年の「ウォルト・ディズニー・ワールド・ナショナル・チーム選手権」以来、36年ぶりのこと。そして、チーム戦でフォーサムのプレー形式を採り入れたのは1968年の米ツアー創設以来、初めてだ。

【PGAツアー動画】松山・谷原組のハイライト “66”の猛チャージ!

なぜ、今になってチーム戦を復活させ、フォーサム形式を初採用したのか。その答えは、米ツアーと米ゴルフ界、ひいては世界のゴルフ界のさらなる発展を願ってのことだ。

近年、ゴルフの試合と言えば、72ホール、ストロークプレー、個人戦と相場が決まっており、それ以外の形式は「経験がない」「やり方すら知らない」という選手は想像以上に多い。しかし、ゴルフの歴史を遡れば、かつてはビッグな試合ではマッチプレーで勝者を選ぶことが多かった。そして、ライダーカップやプレジデンツカップは最終日だけは個人マッチになるが、それ以外はフォーサム&フォーボールの団体戦だ。

そうした大会形式、プレー形式に準ずるものが米ツアーに1試合ぐらいあってもおかしくはないし、いろいろなスタイルの大会を創設し、選手にも観衆にも親しんでもらうことで、ゴルフの試合のバリエーションは広がっていく。

今週、優勝候補に挙げられていたジェイソン・デイ(オーストラリア)&リッキー・ファウラー(米国)、ジャスティン・ローズ(イングランド)&ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)の両ペアが予選落ちしたこと、そして日頃はあまり目立たないケビン・キスナースコット・ブラウン(共に米国)、ジョナス・ブリクスト(スウェーデン)&キャメロン・スミス(オーストラリア)のプレーオフ、マンデーフィニッシュへともつれ込み、ブリクストとスミスが勝利を挙げたことからもわかるように、新形式の大会は通常のストロークプレー個人戦とは違う形でいろんな選手にいろんなチャンスを与えてくれる。

予選落ちしたデイ自身が「予選落ちという結果はもちろん望んでいなかったけど、米ツアーのフレーバーが増えるのは良いこと」と装い新たになった今大会を高く評価していた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹の順位は? 「ワークデイ・チャリティ・オープン」最終結果
米国男子ツアー「ワークデイ・チャリティ・オープン」の最終結果はこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!