「スコア“59”も可能」リオ五輪メダリスト組は優勝に自信 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ

  • 期間:2017年04月27日-04月30日、
  • 場所:TPCルイジアナ(ルイジアナ)

「スコア“59”も可能」リオ五輪メダリスト組は優勝に自信

2017年04月27日07時08分

ローズ(右)&ステンソン、メダリストコンビが松山&谷原の前に立ちふさがる(写真はリオ五輪)(撮影:GettyImages)

チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 事前情報◇26日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>

今季から2人1組のチーム戦で競われる米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」。同ツアーでチーム戦が開催されるのは、81年の「ウォルト・ディズニー世界チーム選手権」以来36年ぶりのことで、大きな注目を集めている。

笑顔で練習ラウンドをする松山&谷原コンビ

中でも今大会で注目を集めているのが、ジャスティン・ローズ(イングランド)とヘンリク・ステンソン(スウェーデン)というリオ五輪で金・銀メダルを獲得したコンビだ。しかもこのふたり、欧米選手の対抗戦「ライダーカップ」でもコンビを結成した経験があり、14年に3勝0敗、16年にも4勝2敗と結果を残している。特に14年はフォーボール(それぞれのボールをプレーし、良いほうのスコアを採用)方式で同大会記録となる12バーディを奪ってみせた。

ステンソンとのコンビについてローズは、「グレンイーグルス(14年ライダーカップ開催コース)で初めて組んだときから、とても良い感じにプレーできている。自分たちのプレーを楽しめているんだ。ボクらのキャディも信じられないくらい上手く連携しているしね」とチーム戦に自信を覗かせる。そして、記者から「ベストボールラウンドなら“59”が見られますか?」と質問されると、ローズは「可能だと思っているよ」とニヤリ。ローズ自身、まだ個人戦だった15年大会で4日間22アンダーを記録しているだけに、スコアが出やすいベストボールではとてつもないビッグスコアを出してきそうだ。

一方、ステンソンは「チーム戦ではパートナーといかに乗り越えていくかがカギ。ケミストリー(科学反応)やすべてが大事になってくる。ジャスティン(ローズ)との組はそれがスムーズにいくだろう。過去に成績を残しているし、彼は本当にいいプレーをする。ボクらのプレースタイルは似ているから、このコースをよく知る彼が打ったように、ボクも攻めていくだけさ」と話した。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!