地元V逃した上田桃子、沈黙の後に「熊本県民として情けない…」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

KKT杯バンテリンレディスオープン

  • 期間:2017年04月14日-04月16日、
  • 場所:熊本空港カントリークラブ(熊本県)

地元V逃した上田桃子、沈黙の後に「熊本県民として情けない…」

2017年04月16日16時53分

桃子の目に涙…悔しすぎる敗戦に

桃子の目に涙…悔しすぎる敗戦に(撮影:村上航)

KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇16日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>

2位に2打差をつけて迎えた最終ホール(パー5)でバーディパットは7メートル。外してもパーなら優勝という状況に、誰もが上田桃子の優勝を疑わなかった「KKT杯バンテリンレディス」最終日。だが、悲劇はそこから始まった。

総数600枚!桃子の歴史を特選フォトギャラリーで

上田はバーディパットをショートすると、追いかける西山ゆかりが5mのバーディパットを決めて1打差に。それでも1メートルのパーパットを沈めれば優勝という場面だったが、「まっすぐしっかり、とキャディさんと話していたけどしっかり打てなかった」と無情にもボールはカップをすり抜けた。さらにそのまま18番で行われた西山とのプレーオフ1ホール目で2オンを狙った打球は池へ。5メートルのパーパットを決められず、ボギー。西山がレイアップしてパーとした時点で敗戦が決まった。

上田は取材が始まって質問されても中々言葉を発せなかった。約30秒の沈黙の後、重たい口を開く。「たくさんの応援をいただいたので申し訳ない。声援を力に変えられなかった。最終ホールのギャラリーエリアにはたくさんの熊本の人がいました。勝って“頑張っていきましょう”と伝えたかった。熊本県民として情けない…」。消え入りそうな声で敗戦の弁を口にした。

「勝ちたかったです…」。搾り出したその言葉に、すべての思いが詰まっていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!