スター候補・星野陸也が重圧を跳ね返し首位発進!「期待に応えられて嬉しい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

スター候補・星野陸也が重圧を跳ね返し首位発進!「期待に応えられて嬉しい」

2017年04月13日19時14分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 星野陸也 -5
2 任成宰 -4
3 D・オー -3
  平塚哲二 -3
  J・パグンサン -3
  稲森佑貴 -3
  富田雅哉 -3
  上井邦裕 -3
9 ハム・ジョンウ -2
  T・シノット -2

順位の続きを見る

新鋭・星野陸也、まずは初日を単独首位発進で滑り出した

新鋭・星野陸也、まずは初日を単独首位発進で滑り出した(撮影:米山聡明)

東建ホームメイトカップ 初日◇13日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

アジアンツアーとの共催試合で2週連続のトップ10フィニッシュ、ファイナルQTをトップ通過、そして2部チャレンジトーナメント開幕戦で優勝。若手ではこの試合一番の目玉として、名古屋の百貨店で行われた開幕イベントにも出演した新鋭・星野陸也。高まる周囲の期待の中で、この初日に1イーグル・4バーディ・1ボギーの“66”をマーク。5アンダーで単独首位発進を決めた。

【どこよりも早いスイング解説】星野陸也の飛ばしの秘密は切り返しの“間”

星野はインコースからスタート。「最初は下半身が震えていて、結構バランスを崩した」とルーキーらしい一面も見せたが、12番パー5でバンカーから3打目を30センチにピタリ。次の13番パー3・212ヤードでは6番アイアンで7メートルにつけると、これをねじ込み連続バーディを奪う。そして最大の見せ場は17番パー5。ドライバーで323ヤードをかっ飛ばすと、残り187ヤードを8番アイアンで強振し2メートルにつけイーグル。会場にいた誰もが、この20歳が下馬評どおりの実力者であることを認識した。

後半も2番から連続バーディ、6番パー3ではこの日唯一のボギーを叩いたが期待に違わぬ好スタート。また自らの注目度を実力で上げてみせた。

「今日一日だけでも期待に応えられて嬉しいです」、高まる期待は重圧だったがこの日はそれをパワーに変えられた。プレッシャーがかかるほうが、「今日よかったので、もしかしたらその方がいいのかも」と笑っていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!