ベタピンいかせず…池田勇太は1打足りず予選落ち 次週も米ツアー参戦へ | ALBA.Netのゴルフニュース

ベタピンいかせず…池田勇太は1打足りず予選落ち 次週も米ツアー参戦へ

2017年04月08日11時13分

後半の失速が悔しい…賞金王は2日間で姿消す

 

後半の失速が悔しい…賞金王は2日間で姿消す(撮影:上山敬太)

マスターズ 2日目◇7日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

日本勢3人の中ではスコアも時間もトップでスタートした池田勇太は、スタートの1番で観客を沸かせるショットを披露したが、後半にスコアを落としこの日は“77”。トータル7オーバーで予選カットラインに1打届かず54位タイ。6年ぶり3回目のマスターズ挑戦は2日間で終わった。

圧巻!パトロンで埋まったアーメンコーナーを360度カメラで見る!

スタートの1番。ティショットをフェアウェイ左サイドに置くと、187ヤードのセカンドを1メートルに寄せるスーパーショットを披露した。ところがこれを決めきれずパー。「難しいラインで、最初のホールだったので、風の影響がどれだけあるかもつかめなかった。ちょっと痛かったですよね」。

続く2番パー5もセカンドをガードバンカーまで運ぶと、3打目を1.5メートルにつけた。絶好のバーディチャンスも、これも外してしまい波に乗れなかった。その後もきわどいパットは決めるが肝心のバーディパットが入らない。9番でようやくこの日初バーディを奪ってハーフターン。勢いに乗るかと思われたが、10番から3連続ボギーでスコアを落とした。

「10番のボギーが大きかったですね。全体的にパットが決めきれなかった。そういうところが他の選手との差です。これだけ打ったのは自分。受け入れるしかありません」と、悔しさをかみしめた。

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!