松山英樹の初Vに黄信号 近代マスターズは初日10位以内が優勝の条件? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

松山英樹の初Vに黄信号 近代マスターズは初日10位以内が優勝の条件?

2017年04月07日12時02分

松山英樹には少し厳しいデータ?

 

松山英樹には少し厳しいデータ?(撮影:上山敬太)

マスターズ 初日◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

海外メジャー初戦「マスターズ」は第1ラウンドが行われ、“65”で7アンダーをマークしたチャーリー・ホフマン(米国)が2位に4打差をつけて単独首位に立った。マスターズにおいて第1ラウンドを終えて2位に4打差は、1955年以降では、55年のジャック・バーク・ジュニアと並ぶ最多差スタート。強風下でいかに異次元のプレーをしたかがわかる。ちなみに、このときのバークは、最終日に80をたたくなど2日目以降に崩れて13位タイに終わっている。

水切りショットでおなじみ16番パー3を360度カメラで撮影してみたら…

また、過去80回の優勝者の中で首位、もしくは首位タイで第1ラウンド終えたのは16人(20パーセント)だ。2000年以降では、08年のトレーバー・イメルマン(首位タイ)と15年のジョーダン・スピース(単独首位)の2人しか優勝者はおらず、ここから重圧との戦いが始まる。

面白いデータがある。オーガスタナショナルGCは、これまで何度もコース改造を行い、距離を伸ばしてきたが、現在のヤーデージとほぼ同じ距離となったのが2006年。その06年以降、11人の優勝者全員が、第1ラウンドを10位以内、首位と4打差以内で終えている。しかも11人中7人は5位タイ以内と、コースの距離が長くなってからは先行逃げ切りが有利になっている。逆に第1ラウンド終了後、出遅れて逆転優勝した最大差は1990年のニック・ファルドと2005年のタイガー・ウッズの7打差だ。

過去のデータから見ると、キャリアグランドスラムを狙うローリー・マキロイ(12位タイ)やジェイソン・デイ(26位タイ)、日本人初優勝を狙う松山英樹(54位タイ)の優勝は黄色信号となる。特に松山は残り3日間、データを覆す歴史的な活躍で巻き返しを図りたい。

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!