6年ぶりオーガスタも「意外と普通」池田勇太が26位で日本勢最上位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

6年ぶりオーガスタも「意外と普通」池田勇太が26位で日本勢最上位発進

2017年04月07日10時27分

後半に巻き返し 池田勇太は粘りのゴルフで日本勢最高位スタート

 

後半に巻き返し 池田勇太は粘りのゴルフで日本勢最高位スタート(撮影:上山敬太)

マスターズ 初日◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

昨年の日本ツアー賞金王が日本勢最上位のスタートを切った。「マスターズ」6年ぶり3度目の出場となった池田勇太は、強風の中、2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの2オーバー、”74”にまとめ、首位と9打差ながら26位タイで初日を終えた。

行った気になる?大好評360度カメラでオーガスタを体感したら…

強風が吹きつけるなかスタートした池田は、この日難度1位の1番(パー4)で2打目をグリーンオーバーするなどボギー発進。その後パーを重ねるゴルフを続けたが、9番(パー4)でボギー、続く10番(パー4)は3オン3パットのダブルボギーと落として11番からのアーメンコーナーに突入する。

11番(パー4)は2オン2パットのパーとすると、12番(パー3)はグリーン左のラフから17ヤードの2打目を59度のウェッジでチップイン。この日初バーディを奪った。続く13番(パー5)は、2オンに成功。惜しくもバーディとはならなかったが、アーメンコーナーをアンダーパーで切り抜ける。17番(パー4)ではフォローの風でエッジから6ヤードほどしかない手前のピンに対して、144ヤードの2打目を手前2メートルにピタリ。2つ目のバーディを奪った。

「後半だけでもイーブンパーに戻せたのはよかった。難しいコンディションの中で、最後まで耐えるゴルフができたが、チャンスについたパットがなかなか入らなかった」とこの日を振り返り、グリーン上以外は及第点を出した。

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!