渡邉彩香、痛恨のダボを招いた1打は「最善を尽くしたショット」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ヤマハレディースオープン葛城

  • 期間:2017年03月30日-04月02日、
  • 場所:葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県)

渡邉彩香、痛恨のダボを招いた1打は「最善を尽くしたショット」

2017年04月02日18時33分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 イ・ミニョン -9
2 渡邉彩香 -8
3 申ジエ -6
4 比嘉真美子 -4
5 アン・ソンジュ -3
6 森田遥 -2
  川岸史果 -2
  西山ゆかり -2
  藤本麻子 -2
  鈴木愛 -2

順位の続きを見る

16番の3打目、ラフだがボールは浮きティアップしたかのような“良すぎる”ライだった

16番の3打目、ラフだがボールは浮きティアップしたかのような“良すぎる”ライだった(撮影:米山聡明)

ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード・パー72)>

5,555人が詰めかけた「ヤマハレディース」最終日。地元・静岡の期待を一身に背負ってスタートした渡邉彩香だったが、イ・ミニョン(韓国)に1打及ばず2位で終戦した。

ヤマハレディースの名場面を「ライブフォト」でプレーバック!

渡邉は1番で7mのバーディパットをねじ込み大歓声を引き出すと4番(パー3)で1mにピタリ。7番でミニョンがボギーを叩き首位と並ぶと8番では右ラフから左3mにつけてバーディ。だが、9番でボギーを叩くと、折り返しての10番でも3パット。暗雲が立ち込める。

だが、地元優勝への執念がパットに宿る。次の11番(パー3)のティショットはピン右8mと長い距離を残したがこれを読み切りバウンスバックすると、続く12番でも手前2mを決めて連続バーディ。さらに15番パー5では2打でグリーン手前まで運ぶともう少しでチップインイーグルかというアプローチ。ミニョンと並んで残り3ホールへと向かう。

迎えた16番。ティショットを左に曲げて戻すだけ。残り80ヤードからの3打目はピンそばに付いたがそこからバックスピン。グリーンをこぼれるところまで転がってしまった。これがこの日のターニングポイントだった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!