【どこよりも早いスイング解説】菊地絵理香の深みのあるインパクトは健在 アマチュアは腰の入りを参考に | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【どこよりも早いスイング解説】菊地絵理香の深みのあるインパクトは健在 アマチュアは腰の入りを参考に

2017年03月07日12時22分

ツアーを代表するショットメーカー、菊地絵理香のスイングを徹底解説!

 

ツアーを代表するショットメーカー、菊地絵理香のスイングを徹底解説!(撮影:福田文平)

「ダイキンオーキッドレディス」で始まった今年の国内女子ツアー。今季の活躍が期待される選手のスイングを、ツアープロコーチの辻村明志氏にどこよりも早く解説してもらった。

【連続写真】アマチュアの方は要チェック!菊地絵理香のスイング連続写真はこちら

第6回目は安定したショットを武器に2年連続で賞金ランクベスト10に入っている菊地絵理香。2016年のトップ10回数が4位と常に上位で戦うショットメーカーのスイングとは。

「菊地さんはボールに体重を乗せるのが非常に上手い選手。手元が体の近くを通り、しっかりと腰を入れてボールを押し込めているから深みのあるインパクトができる。手元が体から遠いと体重はかけられませんし、腰が抜けてしまえばクラブは寝て強いコンタクトはできません。右サイドに乗せた体重をしっかりとボールに伝えることができる選手と言えます」。

昨年から今年にかけて大きなスイングの変化はなかったが、その特徴は健在だと続ける。「今年も安定したショットが打てているなぁという感じです。足とクラブの出ていくタイミングがすごく良いですね。しっかりとボールに力が伝わっています。アマチュアの皆さんにもぜひ参考にしてもらいたい」。

「ここまでくればあとはショートゲーム」と辻村氏。こちらも期待して良いと話す。「菊地さんはここ2年ツアーの誰よりも100ヤード以内のショットを練習しています。100ヤード以内の距離感は、体で覚えるまでの反復練習が重要。やり続けてい掴んだ自信も大きいと思います。今年もレベルの高いプレーを見せてくれるのではないでしょうか」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」速報
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」速報
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手の速報はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー速報
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!