【どこよりも早いスイング解説】悪癖が改善されたアン・ソンジュ 今年は大活躍の予感!? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【どこよりも早いスイング解説】悪癖が改善されたアン・ソンジュ 今年は大活躍の予感!?

2017年03月04日12時21分

ツアー22勝を誇るアン・ソンジュのスイングを徹底解説!

 

ツアー22勝を誇るアン・ソンジュのスイングを徹底解説!(撮影:鈴木祥)

「ダイキンオーキッドレディス」で始まった今年の国内女子ツアー。今季の活躍が期待される選手のスイングを、ツアープロコーチの辻村明志氏にどこよりも早く解説してもらった。

これが体調面に不安がなくなったアンのスイング!連続写真でチェック!

第5回は4度目の賞金女王を目指すアン・ソンジュ(韓国)。抜群の安定感を誇るショットを武器に歴代最速で20勝を積み上げた実力者の今年のスイングとは。

「去年と比較してかなり良くなっていると言えます。悪癖が無くっていますからね」と辻村氏。「以前からトップで“間”を作って、上からおろして重力を使うスイングが特徴ですが、去年はバックスイングからトップを作ったときに、最後に体が伸びあがって重心がぽーんと上に行く余計な動きが入っていたんです」

「それが今年見てみると、しっかりと伸びあがらないところでトップができあがっていました。コアの捻転がほどけなくなったとも言えます。痛めていた首と肩への不安が無くなったことも理由の1つでしょう。無駄と無理が無くなって、トップでの“間”が長く見えましたね。元々トップが長い選手ですが、“こんなに待てるんだ!”という驚きがありました。松山英樹選手クラスの長い間を感じました(辻村氏)」

他に大きな変化は見られなかったが、それもイ・ボミ(韓国)同様元々のレベルの高さ故。「アン・ソンジュを見たとき、世界ランク1位を走ってたインビー・パーク(韓国)と同じ動きをするなと思ってました。なんせボールを撃ち抜くときの“重心”が低いのです。 2人ともに共通するのは地面からのエネルギーをパワーにかえられること。加えてリストの柔らかさはツアーでも一番です。あそこまでリストが柔らかくなければ、あれだけのベタ足スイングは存在しません」

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
【90切りレッスン】アプローチの種類を増やす
90を切るには、パーオンを逃したホールでいかにパーを拾うかが大事。アプローチのバリエーションを増やそう!
5000人が回答! ゴルファー大調査アンケート結果発表
2020年末から今年にかけて行った「ゴルファー大調査」。5000人を超えるALBA.Net会員の回答結果をシリーズで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
見て楽しい着けて楽しい プロゴルファーたちのマスク七変化!
スポーツ界でもプロや関係者が様々なマスクを着けて、見る側を楽しませてくれる。ゴルフ界でもいろいろなマスクを着けたプロたちがいるので、その様子を写真で見てみよう!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!