自然体でコツコツと…上田桃子が思い出した初心 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

自然体でコツコツと…上田桃子が思い出した初心

2017年03月02日20時48分

3オーバー24位タイ発進の上田桃子、今年掲げたテーマは“挑戦”

3オーバー24位タイ発進の上田桃子、今年掲げたテーマは“挑戦”(撮影:鈴木祥)

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇2日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

国内女子ツアー初戦「ダイキンオーキッドレディス」が開幕。近年の国内女子ツアーは、毎年20代前半から中盤までの若手が存在感を発揮し、メディアも新スターの登場を待ちわびる傾向にある。鈴木愛渡邉彩香はツアーデビュー3年目にはすでにツアー中核選手、昨年は松森彩夏堀琴音柏原明日架永峰咲希ささきしょうこらが頭角を現し、続々と“候補”が生まれていく。30歳前半の選手“ベテラン”と呼ばれる時代だ。

【関連】8頭身ゴルファーから18歳の天才美女まで!開幕戦初日のフォトギャラリー

強烈な輝きを放ってきた宮里藍横峯さくら上田桃子らももう少数派となった30代。2007年、史上最年少で賞金女王となった上田も、30歳となって初となる開幕戦を迎えた。2年前の2015年、28歳の上田が開幕戦で掲げたのは“年間10勝”。若くして頂点に立った選手がモチベーションを保つために掲げた大きな目標だったが、2014年以降の優勝は訪れていない。“ベテラン”となった今年の目標はどこに掲げているのか?

「今年のテーマは“挑戦”です。正直なことをいうと、ゴルフを楽しむことができなくなってくる年齢というか…。経験が邪魔になったりだとか、責任も生まれてきます。結果次第でしか、物事を考えられず、アグレッシブにいけなかったりする思考がありました。小さいことの積み重ねる考えが難しくなっていた。一回初心に帰り、結果を気にせず、本来もっている自分のアグレッシブさを思い出して戦うことで、楽しいという気持ちが出てくるんじゃないかな、と思って。近年は楽しいと感じられなかった」。

最大瞬間風速20.8m/sの荒天の中、アンダーパーは4名のみと厳しい幕開けとなった初日。上田もボギーが先行し、前半は2オーバー。後半立ち上がりの2バーディでイーブンパーに戻したものの、再びスコアを落とし3オーバーフィニッシュ。はたから見れば悔やまれる展開となったが、試合後の口ぶりは自信に溢れていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!