【どこよりも早いスイング解説】イ・ボミはよりスキの無いスイングに! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【どこよりも早いスイング解説】イ・ボミはよりスキの無いスイングに!

2017年02月28日18時00分

2年連続賞金女王のイ・ボミ、昨年と比べてスイングはどう変わった?

 

2年連続賞金女王のイ・ボミ、昨年と比べてスイングはどう変わった?(撮影:米山聡明)

3月2日(木)から始まる「ダイキンオーキッドレディス」で幕が開ける今年の国内女子ツアー。今季の活躍が期待される選手のスイングを、ツアープロコーチの辻村明志氏にどこよりも早く解説してもらった。

【連続写真】女王に死角なし!?イ・ボミのスイング写真はこちら

第1回目は2年連続で賞金女王に輝いているイ・ボミ(韓国)。昨年メルセデス・ランキング、賞金ランク、平均ストローク、パーオン率、パーセーブ率、リカバリー率の5冠に輝いたトーナメントの顔は2017年どんなスイングにしてきたのか。

「今年変わったと思うのは、トップの切り返しです」という辻村氏。去年の悪癖が無くなって見えたという。「去年はその前の年に比べてれば、本調子ではなかったと思います。何故かと言ったら、切り返しの瞬間に手元が前に出てクラブが寝てしまう瞬間があったことです。こうなってしまうとヘッドが出遅れて右に出たり、球が左右に散ります。そんな時が去年は何度かありました」。

「それが練習日に見ている感じでは全くありませんでした。トップから手元を素直に真下に落としているなという感じですね。真下に落ちるということはヘッドが垂れない、つまり振り遅れがないということ。真下に落ちるくらいの感覚でちょうどオンプレーンなのです。オンプレーンに振れるからこそ、より手を使わなくなり、さらに再現性が高まります(辻村氏)」。

それ以外に大きな変化は感じなかったという辻村氏。それこそがボミの強さだと続ける。「切り返し以外を変えてこなかったのは、昨年時点での完成度の高さゆえです。良い状態で開幕に臨んでいるように見えました。昨年以上の成績を残すのではないでしょうか」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!