17位から予選落ちの石川遼、池に消えた2発の残像に苦しむ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

17位から予選落ちの石川遼、池に消えた2発の残像に苦しむ

2017年02月04日10時47分

遼、初日はいいスタートを切ったが…2日目にスコアを落とし予選落ちに

遼、初日はいいスタートを切ったが…2日目にスコアを落とし予選落ちに(撮影:岩本芳弘)

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇3日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

2発の池ポチャで沈んだ。17位タイから出た石川遼は、2バーディ・5ボギーの3オーバー、“74”とスコアを落としてトータルイーブンパー。予選カット通過ラインに1打及ばず、2017年初の予選落ちとなった。

【フォトギャラリー】まるでスタジアム!?ギャラリーの視線の先は…

インから出た石川は、11番(パー4)でティショットを左の池に入れたが、20メートルのパーパットを沈めて乗り切る。しかし、15番(パー5)でもティショットを左の池に落とし、このホールはボギー。「18番で左に振っていけなかった」と左に曲がるのを嫌がって、右のフェアウエーバンカーに打ち込むなどボギー。後半に入って1番でバーディを奪うが、4番、5番で連続ボギーとしてトータルイーブンパー。6番以降はピンチでもパーセーブを続けたが、1打及ばなかった。「18番で完全に自分からゲームを崩してしまった」と、右に打ち出すミスが続き、一度狂った歯車を戻せなかった。

精度を高めるために新スイングに取り組んでいる石川は、前日フェアウエーキープ率71・43パーセント、パーオン率は94・44パーセントと、その成果を発揮したが、この日はフェアウエーキープ率38・89パーセント、パーオン率35・71パーセントと低迷した。

最初に池に入れた11番を振り返ると、「いいスイングをしたのに、左に出た。11番はフェアウエーのすぐ左が池。池がないホールだったら左のラフに止まっている。池じゃなかったらそれほど気にするミスではなかった。左に行く原因はフェースが閉じていること。原因が分かっているのに気になって、残ってしまいました」と、池に入れた2発の残像が残ってしまった。決して悪いショットではなかったが、コースのワナにハマった形だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!