暫定18位の石川遼「1年前とはぜんぜん違う」一問一答 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

暫定18位の石川遼「1年前とはぜんぜん違う」一問一答

2017年02月03日12時02分

石川遼はショット好調持続、3アンダー暫定18位の好スタート

石川遼はショット好調持続、3アンダー暫定18位の好スタート(撮影:岩本芳弘)

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇2日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」はアリゾナ州にあるTPCスコッツデールで第1ラウンドを行い、石川遼は3バーディ・ノーボギーの“68”で3アンダーフィニッシュ。試合はサスペンデッドのためホールアウトできていない選手もいるが暫定18位。連覇を狙う松山英樹と共に上々のスタートを決めた。以下は初日一問一答。

石川遼のスーパーイーグル!バックスピンで…

(振り返って)
先週良かったドライバーとアイアンが、今日も自分の中ではまあまあいい感じで。それがスコアカードにも出てるかなというスコアだった。現時点で体に不安はないけど、思い出したら怖くなる。そういうことを考えると体を大事にしないといけないと思う。でも、ケガをしないようにやるというより、自分の体をもっと強くして。ここで勝つためには何が必要かを考えて取り組んでいる。クラブをちゃんと振ること。そういうことから逃げていたらいけないので、トレーニングも必要。やっと半年経って、成果も自分の体に感じている。1年前とはぜんぜん違う。

(3アンダー、初日としては)
PGAツアーはショットがすごく大事なんだなと改めて思った。1年前と比べてショットの精度がすごく上がった。プレーしていて浮き足立っていない感じもある。それはボギーがなかったから。バーディー3つはちょっと納得できないけど。アイアンの距離感もちょっと合ってなかった。アイアンがもう少しついてくれれば、バーディーチャンスは増える。15番のセカンドは左のバンカーに入ったけど、自分としてはスイングが自分のものになってきている、良い当たりで打てた。ほんのちょっと捕まって風で持って行かれて左のバンカーに入っただけ。良いショットだった。インパクト前後の精度が上がってきているとああいう場面で感じる。15番のセカンドはきょう一番プレッシャーがあった。今までの自分のよりも許容範囲が狭くなっている。

(メンタル面)
あまりメンタル面は意識していない。技術がある選手が上に居ると思う。自分がそこにいないと技術的に何か足りないのだと思う。ドライバーからパッティングまですべて技術だと思っている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!