豪州チーム&メディアも日本チームを警戒、“足跡”にまで注目!? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ

  • 期間:2016年11月24日-11月27日、
  • 場所:キングストン・ヒースGC

豪州チーム&メディアも日本チームを警戒、“足跡”にまで注目!?

2016年11月23日17時11分

和やかなムードの中で記者会見を行う石川遼(左)と松山英樹(撮影:福田文平)

<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 事前情報◇23日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>

 明日24日(木)にいよいよ開幕を迎える国別対抗戦「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」。この日はプロアマ戦の前に松山英樹石川遼の日本チームの記者会見が行われた。

代表選手と親睦を深める石川と松山 

 この大会への意気込みを問われ、松山は「初めてのワールドカップで初めてのメルボルン。早く明日になってほしい」、石川は「英樹は今一番勢いのあるプレーヤー。頼もしいですし、自分は自分のベストを尽くしてゲームに貢献したい」とコメント。

 他の選手に先駆け、先週からコース入りしている2人からは海外メディアも“本気度”を感じ取っていた。現地の新聞は今朝、松山が月曜日に6時間パッティング練習をしていたと報じた。時間は誇張されているが、“グリーンに足跡が残る”ぐらい熱心に練習していた様子は印象的だったようだ。

 このことを尋ねられると、松山は「パッティングの調子が悪かったから」、練習グリーンで時間を費やしたと回答。足跡については「体重が重いからでは」と話し、会見場の笑いを誘っていた。なお、この日のプロアマでもパッティングの調子が思わしくなく、ラウンド後はまた“足跡”がつくぐらい入念に練習をしていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!