ワールドカップと縁が深い日本、2001年は7万人が熱狂し、御殿場が“揺れた” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ

  • 期間:2016年11月24日-11月27日、
  • 場所:キングストン・ヒースGC

ワールドカップと縁が深い日本、2001年は7万人が熱狂し、御殿場が“揺れた”

2016年11月22日14時10分

2001年大会最終日、18番で見せたタイガー・ウッズのチップインイーグルで御殿場が揺れた(撮影:ALBA)

<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 事前情報◇22日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>

 いよいよ「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」が間近に迫ったが、ワールドカップと日本の結びつきは深い。

ついに初タッグを組むこととなった石川と松山 

 過去3度、日本で開催されているが、1932年、霞ヶ関カンツリー倶楽部で初めて開催された時は中村寅吉と小野光一が優勝し、日本にゴルフブームの到来をもたらした。2度目は1966年、東京よみうりカントリークラブで行われ、アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラスの米国チームが優勝。キング&帝王の勝利に大いに沸いた。

 そして3度目は、静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースで2001年に行われた。この時は24の国と地域が参加し、日本からは丸山茂樹と伊沢利光が出場。スペインはセルヒオ・ガルシアミゲル・アンヘル・ヒメネス、南アフリカはアーニー・エルスレティーフ・グーセンなど、ビッグネームがズラリ。中でも優勝候補の筆頭は当時の世界ランキング1&3位のペア、タイガー・ウッズ&デイビッド・デュバルの米国チームだった。

 公式練習日2日間と大会4日間の計6日間で、約7万2000人のギャラリーが詰め掛けたこの大会。最終日にトータル24アンダーで南アフリカ、デンマーク、ニュージーランド、米国の4チームが並び、勝負はプレーオフに。米国チームは18番でタイガーが劇的なチップインイーグルを奪取し、1万8000人のギャラリーがこのスーパープレーに熱狂! 御殿場の森に歓声が轟き、コースが揺れたシーンは今でも語り継がれている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!