【男子ツアーの深層】松山英樹が語った“日本は1日でもハマれば勝てる”の意味 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

【男子ツアーの深層】松山英樹が語った“日本は1日でもハマれば勝てる”の意味

2016年11月15日11時50分

2位以下に7打差をつけて圧勝となった松山英樹

 

2位以下に7打差をつけて圧勝となった松山英樹(撮影:上山敬太)

 2位以下に7打差をつけるトータル23アンダー。『三井住友VISA太平洋マスターズ』で圧勝劇をみせつけた松山英樹。10月に入ってからは4戦3勝で大会前の世界ランキングは7位。まさに“看板どおり”の活躍を見せたわけだが、世界トップランカーと国内ツアーの選手の差を、JGTOトーナメント担当理事で同大会のホールロケーションを担当した田島創志氏にコースへ向かう姿勢の観点で語ってもらった。

【関連】松山英樹の優勝を振り返る!国内男子ツアーフォトギャラリー

■ 「英樹一人が20アンダー超!ほかの選手は14〜15アンダー」が大会前の予想

 最終日はそれまでの3日間と違い、フロントナインで3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと苦戦。ハーフターン時の2位・宋永漢(ソン・ヨンハン/韓国)との差はスタート時“6”から“3”となったが、「上がりのホールが難しくなるし、早く差を広げたかった(松山)」とここから11番、13番、15番、16番と、4つのバーディを奪って突き放した。結果的に23アンダーのトーナメントレコードを樹立したが、コースセッティングに携わる身としては“予想通り”だったという。

 「ハーフターンで松山とヨンハンがかなり近づいた。それまで会話をしていたのにしなくなりましたよね。一番のターニングポイントは11番のロングホールで先にバーディを取ってプレッシャーをかけたこと。トドメにとなったのは13番パー3のティショットですね。そこからはつねにショットが枠に収まっている状態になってきた。大会前から英樹ひとりだけは簡単に20アンダーを超えてくるだろうなと言っていました。“英樹が圧勝して、ほかの選手は14〜15かなと”。優勝スコアは正直“想定通り”でしたね」

 最終日はターゲットを狭めたメリハリのあるピンポジションを設定しただけに、ほかの選手よりも高弾道で打てる松山が最も有利なのは当然。象徴的だったのは17番228ヤード・パー3だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アジアパシフィック女子アマチュア選手権 特集
アジア地域の最強女子アマ決定戦「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」が今年は日本で開催!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
本間ゴルフ×ALBAスペシャルサイト
本間×ALBAオリジナルコンテンツがいっぱい詰まったスペシャルサイトを今すぐチェック!!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!