処置を間違え…上原彩子になんと68打罰!史上ワースト“141”「私のミス」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2016年11月11日-11月13日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

処置を間違え…上原彩子になんと68打罰!史上ワースト“141”「私のミス」

2016年11月12日15時10分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 武尾咲希 -10
2 笠りつ子 -7
  イ・ボミ -7
4 大江香織 -6
  大山志保 -6
  原江里菜 -6
7 服部真夕 -5
  辻梨恵 -5
  酒井美紀 -5
  金田久美子 -5

順位の続きを見る

68打もの罰を課せられた上原彩子 2日目はスコアを4つ伸ばしただけに、痛恨のミスだった

68打もの罰を課せられた上原彩子 2日目はスコアを4つ伸ばしただけに、痛恨のミスだった(撮影:GettyImages)

<伊藤園レディス 2日目◇12日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「伊藤園レディス」でこの日2つ目の珍事が起こった。上原彩子が追加ローカルルールの“リフト&クリーン”の処置を誤り、初日のスコアに+68打罰をかされることになった。

アクシデント続出…「伊藤園レディス」2日目フォトギャラリー 

 昨日の雨で地面はぬかるみ、第1ラウンドと第2ラウンドではボールを拾い上げて汚れを拭き取りリプレースする“リフト&クリーン”が認められていた。上原は昨日、ボールを拭いたあと球を拾う前にあった場所に戻すリプレースではなく、1クラブレングス内にプレース(プリファードライ)していた。

 米ツアーではこのプリファードライが通常。この日の朝、スタート前に第2ラウンドも“リフト&クリーン”が認められるという説明を受けた際に、ふと「プレースでいいのか」質問し、処置の間違いが発覚。ホールアウト後に、第1ラウンドのスコアに罰打がかされた。

 追加ローカルルールの処置の誤りは2打罰。上原は昨日に本来とは異なるスコアを提出しており、本来であればゴルフ規則6-6dにより競技失格となるが、6-6dの特例に罰を受けていたことを知らずに提出した場合は失格にはならないという、今年から適用された項目があり失格とはならなかった。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!