世界トップ10の貫禄!松山英樹“特別いいとは思わない”中で単独首位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2016年11月10日-11月13日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

世界トップ10の貫禄!松山英樹“特別いいとは思わない”中で単独首位発進

2016年11月10日16時56分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 松山英樹 -7
2 宮本勝昌 -6
3 朴相賢 -5
  A・ブランド -5
5 細川和彦 -4
  宋永漢 -4
  松村道央 -4
  B・ケネディ -4
  堀川未来夢 -4
  S・H・キム -4

順位の続きを見る

18番ではイーグルを奪取。 7アンダー・単独首位の好発進で初日を終えた松山英樹

18番ではイーグルを奪取。 7アンダー・単独首位の好発進で初日を終えた松山英樹(撮影:上山敬太)

三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇10日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」初日。国内メジャー初制覇を果たした「日本オープン」以来、今季2度目の日本ツアー出場となる松山英樹が、7アンダーで単独首位発進。“WGC制覇”とコールされて大勢のギャラリーの拍手でティオフを迎え、1イーグル・6バーディ・1ボギーと圧巻のプレーを見せた。

松山英樹、今大会で使うドライバーはどれ?? 

 午前中から挨拶がわりのスーパーショットを連発した。スタートホールの10番、3番アイアンで放ったティショットがフェアウェイをとらえると、2打目をピンそば20cmに。タップインでバーディを奪ってギャラリーの歓声を引き出すと、続く11番パー5では2打目をワンピンのイーグルチャンスにつけた。

 惜しくも決めきれなかったものの、連続バーディ発進とすると、1つ伸ばして迎えた18番パー5でも、220ヤードの2打目を4mにつけて再びイーグルチャンス。今度はしっかりとカップに沈めて、5アンダー・単独トーナメントリーダーに躍り出た。後半4番でこの日初ボギーとするも、すぐさまの5番、6番連続バーディ。8番もバーディとし“65”と期待に違わぬプレーで初日を終えた。

 ビッグスコアも「(ショットが)特別いいとは思わないですが、要所要所でバーディチャンスにつけられてよかった。調子は昨日のプロアマ戦のときよりは良くなっていますが“良い”とも思えない。そのなかでよくスコアを伸ばすことができたなと思います」と振り返った松山。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!