松森彩夏、22歳の初優勝 号泣の先にあった進化と忍耐 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

富士通レディース

  • 期間:2016年10月14日-10月16日、
  • 場所:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県)

松森彩夏、22歳の初優勝 号泣の先にあった進化と忍耐

2016年10月16日18時59分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 松森彩夏 -12
2 笠りつ子 -8
3 堀琴音 -7
4 木戸愛 -4
  比嘉真美子 -4
6 テレサ・ルー -3
  佐伯三貴 -3
  森田理香子 -3
  大和笑莉奈 -3
  永峰咲希 -3

順位の続きを見る

プロ4年目にして嬉しい初勝利!

プロ4年目にして嬉しい初勝利!(撮影:上山敬太)

富士通レディース 最終日◇16日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>

短いウィニングパットを流し込むと自然と熱いものがこみ上げた。あの日流した悔し涙は、歓喜の涙に変わった。2015年からツアーにフル参戦し何度も優勝争いを演じながらも初優勝に届かなかった松森彩夏がツアー初優勝を飾った。

【関連写真】変顔も?!松森彩夏フォトギャラリー

1打差を追って最終組から出た最終日は、3番で約10メートルを放り込むバーディで先手をとった。好調のパッティングを武器に5番、6番と立て続けにミドルパットを決めて単独首位に浮上。10番バーディのあと11番ボギーで一歩後退するも、「ボギーを打った後のバウンスバックは意識していた。あのホールがキーになった」と12番で2.5メートルを決めてバーディ。ボギーとした笠に2打差をつけて最後までリードを守り切った。

母の亜規子さんが「私が運転していた車で号泣していた」と振り返るのが、2015年の「フジサンケイレディスクラシック」の帰り道。首位に立って終盤を迎えながら、終盤にスコアを落とし同期の藤田光里に優勝をさらわれた一戦は、松森の名前を世に知らしめた以上に悔しい思い出として残り続けていた。

それ以降、松森の中で明確にゴルフに対する取り組みが変わった。ツアー転戦で体重が減って体力が落ちることもあったが、今季からはトレーナーと契約し体のコンディショニングにも気をつかうようになった。コースの中では横峯さくらのキャディを務めたジョン・ベネット氏と年間数試合タッグを組むことも、自分をさらに成長させる先行投資。ゴルフのジャッジだけでなく、将来の海外参戦を目指す22歳にとっては英語の先生としても頼りにする存在だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!