群雄割拠の時代に突入した世界のゴルフ界〜スタッツで振り返る2015-2016シーズン〜 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

群雄割拠の時代に突入した世界のゴルフ界〜スタッツで振り返る2015-2016シーズン〜

2016年10月12日15時02分

年間王者に輝いたローリー・マキロイ 果たして来季の覇者は?

 

年間王者に輝いたローリー・マキロイ 果たして来季の覇者は?(撮影:GettyImages)

 早くも今週から米国男子ツアーの2016-2017シーズンがスタートするが、果たしてどんな展開になるのか。まずは前シーズンの主なスタッツをベースに、世界のゴルフ界の「現在」を把握しておきたい。

昨季の米国男子ツアーをフォトでプレイバック! 

 年間王者に輝いたのはロリー・マキロイ(北アイルランド)だが、フェデックスカップ・プレーオフに入って調子を上げてきた(4試合中2勝)のも大きかったといえるだろう。実際、主なスタッツの中でベスト3に入っているのは2位の「ストロークス・ゲインド:ティ・トゥ・グリーン」のみ。逆にいえば、ティショットからグリーンまでの道のりは安定しており、プレー的には円熟期に差しかかったといえるのかもしれない。

 他のスタッツを見ても、ダスティン・ジョンソン(米国)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、アダム・スコット(オーストラリア)がしのぎを削っている。これに前述のマキロイやジョーダン・スピース(米国)らを加えて、群雄割拠の時代といえるのは確かだ。

 面白いのはフェデックスカップポイントランキング3位のパトリック・リード(米国)だ。ルーキーイヤーの2013年からコンスタントに成績を残し、前シーズンはフェデックスカップ・プレーオフ初戦のザ・バークレイズを制している。年齢的(26歳)にもこれから脂が乗る時期であり、覚えておきたいプレーヤーの一人だ。

 ほかにはシーズン2勝を挙げたラッセル・ノックス(スコットランド)や、米国籍以外の選手としては1978年のセベ・バレステロス(スペイン)に次ぐ最年少記録で米ツアーを制覇(ウィンダム選手権)したキム・シウ(韓国)も奮闘したシーズンだった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!