【WITB】契約フリーで2勝目の池田勇太、シーズン中に取り組むクラブの変化は? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

【WITB】契約フリーで2勝目の池田勇太、シーズン中に取り組むクラブの変化は?

2016年10月11日18時39分

クラブ契約フリーとなって2勝目をあげた池田勇太

 

クラブ契約フリーとなって2勝目をあげた池田勇太(撮影:福田文平)

 正規の72ホールを終えて、トータル14アンダーに並んだ池田勇太宋永漢(韓国)のプレーオフに突入した「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」。だが4ホール目終了時点で日没サスペンデッドとなり、1999年のJGTO発足以来初のプレーオフの翌日持ち越しに。“マンデー決着”となった異例の展開のなか、通算9ホール目でバーディを奪取し、今季2勝目を手にしたのは池田。これで2010年以来の年間複数回勝利を達成することとなった。

【関連】池田勇太の優勝セッティング画像はこちら!

 昨季までブリヂストンスポーツとクラブ使用契約を結んでいた池田だが、今季からクラブ契約フリーとなるサプライズな選択。クラブ以外でも、マスターバニーのウエアを着用し、髪型も変わるなど、いままでのイメージが一新。シーズン中も7年半連れ添い、これまでの優勝をすべてともにしてきた福田央キャディとのコンビを解消するなど、30代初シーズンはつねに変化を加えて戦っている。

 今季1勝目となった「パナソニックオープン」での優勝セッティングをベースに、ドライバーは「フジサンケイクラシック」ではグローブライド『ONOFF AKA ドライバー』を使用するなど、さまざまなテストを行っているが、今回の優勝ドライバーはプロギア『RS ドライバー F』。シャフトは三菱レイヨン『Diamana BF』を継続的に使用している。

 さらに変化が目立つところでは、52度のウェッジがアイアンの流れに合ったヨネックスに変わり、58度のサンドウェッジもタイトリストボーケイ SM4』に。またパターは『ANAオープン』からツアーローンチをはじまったオデッセイ『ミルド・コレクションTX パター“DYPEモデル”#6M』となっている。

 今大会の勝利で賞金ランク2位へ浮上。賞金王戴冠へ向けて、残り試合も“結果を残せるクラブ”を追い求めて戦っていく。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!