今平周吾、後半失速で4位に「体が上手く動きませんでした」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ANAオープン

  • 期間:2016年09月15日-09月18日、
  • 場所:札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)

今平周吾、後半失速で4位に「体が上手く動きませんでした」

2016年09月18日18時14分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 B・ジョーンズ -18
2 池田勇太 -17
3 石川遼 -16
4 今平周吾 -15
5 宋永漢 -14
6 重永亜斗夢 -13
  金亨成 -13
  片岡大育 -13
9 C・キム -12
  朴相賢 -12

順位の続きを見る

一時は単独首位に立つなど健闘した今平周吾 後半の失速が悔やまれる

一時は単独首位に立つなど健闘した今平周吾 後半の失速が悔やまれる(撮影:米山聡明)

ANAオープン 最終日◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」の最終日。3打差3位から逆転を狙った今平周吾。ハーフターン時では首位タイだったが、後半はボギーが先行。バックナインではスコアを伸ばせず、トータル15アンダーで4位に終った。

石川遼が参戦中の国内男子ツアーをフォトギャラリーでプレイバック! 

 前半は3番から3連続バーディを奪取するなど、一時は単独首位にも立った今平。「自分でも今日はいけるかなと思ったんですが、後半出だしの3パットが痛かったです」。10番のボギーでリズムを崩したことを悔やんでいた。

 「初めて味わうような緊張感がありました」。昨年のセガサミーカップの時とは異なり一事首位に立ったことで、これまでとは違う重圧がかかったという。「体が上手く動きませんでした、後半から少しありましたね」、目に見えない力に優勝を阻まれた。

 「経験がもうちょっと必要なのかな」と感じたという今平。「緊張して上手くショットやパットが打てなくなる。そういうのに慣れてくると優勝できるのかなと」。今回の結果も、若い今平には貴重な経験。次のチャンスにはこの日得たものが必ず役に立つはずだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!